TEL

ランナー膝の原因その3 | 明石市の整骨院なら二見町にある、みやび整骨院にお任せ下さい。

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 2018 6月の記事一覧

ランナー膝の原因その3

2018.06.15 | Category: スポーツ障害,ハイボルテージ,ランニング障害,筋膜リリース,膝の痛み

みなさんこんにちは!

ランナーケア・サポートを得意とするみやび整骨院です!

 

ランナー膝の原因シリーズ第三弾です!

バックナンバーはコチラから↓↓↓

第1弾

http://miyabi-no-1.com/post/post-5432

第2弾

http://miyabi-no-1.com/post/post-5440

 

 

今回は「過度の疲労・負担の蓄積~クールダウンの不足~」についてお話します。

 

ランナー膝でお困りの方、ランニング後のクールダウンはバッチリでしょうか?

 

問題ない!という方は読まなくても大丈夫ですが、胸を張って大丈夫と言えない方はこのまま読み進めて下さい。

 

 

 

まず、クールダウンの目的ですが、

 

一番は疲労回復の促進です。

 

筋肉痛が起こっている場合はその緩和も期待できます。

 

ですから、クールダウンを行わない理由はありません。

 

 

その方法は多種多様なのですが、今回はストレッチに的を絞りたいと思います。

 

みなさんは、最低限ストレッチを行っていますか?

 

行っていないという方はストレッチからでも始めましょう。

 

ストレッチを行うだけでもランニング後の疲労感は全然変わってきます!

 

ただし、そのやり方に少しコツがあります。

 

ただやるだけでは効率が悪いので一つ守ってほしいことがあります。

 

 

下半身の筋肉であれば一回当たり30秒かけてストレッチしましょう。

 

そしてそれを3~4セット行って下さい。

 

たったこれだけでストレッチの質はかなり上がりますし、体感としても効果を実感してもらえるはずです!

 

どこを伸ばすかは人それぞれ変わってきたりするのですが、最低限

 

・殿筋(大殿筋、中殿筋、梨状筋)

・大腿四頭筋

・大腿筋膜張筋

・ハムストリングス

・下腿三頭筋

 

この5つの筋肉はストレッチするようにしましょう。

 

ケアあってのランニングです。

 

ケガをしない為にもクールダウンはきっちり行いましょう!

 

 

明石市二見町東二見 みやび整骨院 立花毅

ランナー膝の原因その2

2018.06.01 | Category: スポーツ障害,ランニング障害,膝の痛み,足の痛み

みなさんこんにちは!

 

ランナーケア・サポートを得意とするみやび整骨院です!

 

 

今日もランナー膝の原因をお伝えします。

「ランナー膝の原因その1」をお見逃しの方は

コチラからご覧ください↓↓↓

http://miyabi-no-1.com/post/post-5432

 

 

 

今回は「アライメント異常」についてご紹介します。

 

アライメントとは骨の配列のことを言います。

 

ランナー膝の場合、足部のアライメント異常がとても重要視されます。

 

代表的なものが回内足です。

 

 

上の写真は実際の患者さんの足の形状ですが、脚のラインとかかとのラインがくの字になっているのが分かります。

 

これが回内足です。

 

 

このような形状のままで走るとどうなるでしょうか?

 

 

極端な再現ですが、上図のように膝が内に入りやすくなり太ももの外側(腸脛靭帯)にかなりの負担がかかってしまいます。

 

なかなか良くならないランナー膝に回内足が関連しているかもしれません。

 

 

一度ご自身の足を確認してみて下さい。

 

 

もしランナー膝にお悩みで、足のアライメントが回内足になってしまっていた場合はみやび整骨院にご相談ください!

 

 

具体的な解決策をお教えします。

 

 

次回、ランナー膝の原因その3に続きます!!

 

 

 

明石市二見町東二見 みやび整骨院 立花毅