TEL

野球肘その1 検診 | 明石市の整骨院なら二見町にある、みやび整骨院にお任せ下さい。

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 2017 4月の記事一覧

野球肘その1 検診

2017.04.26 | Category: スポーツ障害

皆さんこんにちは!明石市東二見のみやび整骨院、院長の立花です。

 

またまた投稿が空いてしまいました・・・

 

 

今日は野球肘についてです。

 

野球をしている方やしていた方は知っているワードだと思いますが、実際どのようなものかまでは知らない人も多いのではないでしょうか?

 

詳しくはコチラをご覧ください↓

http://miyabi-no-1.com/sports-injury

 

簡単に言うと野球肘には内側、外側、後ろ側の3タイプがあり、最も注意が必要なものが外側野球肘となります。

 

外側に関しては「肘のガン」と言われるほどで、進行すると野球人生を左右してしまう程深刻な状態になってしまう事もあります。

 

しかしこの恐ろしい外側野球肘もちゃんとした対処をしていれば予防できます。

 

万が一疑わしい状態であっても、早期であれば適切な処置で100%完治します。

 

よって早めの対処が肝となるのですが、痛みが無い状態でも病態が進行している場合があるのです。

 

ではどうしたらよいか。

 

定期的に検診を受けるしかありません。

 

先日、みやび整骨院が所属する「播磨メディカルチェック研究会」主催の野球肘検診へエコー班として参加をしてきました。

 

メディカルチェックの詳細はコチラ↓

http://miyabi-no-1.com/medical

 

今回は4チーム、総勢73名の野球少年が検診を受けました。

 

結果的に外側野球肘の疑いのある子供が3名いました。

 

一見少なく見えると思いますが、割合で言うと4%で決して少ないとは言い切れません。

 

内1名は症状を全く有していない状態でした。

 

しかし逆に病態が進行してしまう前に早期発見できたという事は本当に良かったなと思いますし、メディカルチェックの意義を証明出来ました。

 

野球をしていたらほとんどの人が肘の痛みを経験するように、スポーツにケガは付き物です。

 

処置は何であっても早いに越したことはありません!

 

ケガをしたらすぐに適切な処置をしましょう!

 

処置の方法が分からなければ、みやび整骨院までご連絡ください。

 

 

明石市東二見 みやび整骨院 立花毅

スポーツ外傷その1 肉離れの処置

2017.04.08 | Category: スポーツ障害

皆さんこんばんは!

ランナーケア・サポートを得意とする明石市東二見のみやび整骨院、院長の立花です。

 

長期間更新が途絶えていました・・・。

 

いつもご覧いただいている方、申し訳ございませんでしたm(__)m

 

 

 

早速ですが、最近「ケガ」が続出しています。

 

3月末からの約2週間で太ももの肉離れがなんと3件!

 

いずれもスポーツ中のケガです。

 

その中でも最もひどかった症例をご紹介します。

 

 

サッカーの試合中、接触プレーで脚を踏ん張った際に急に痛みが走って負傷したTさん。

 

瞬時に肉離れと分かったそうです。

 

ケガから2日後に来院くださいました。

 

×印周辺に強い痛みがあり、写真のように内出血が起こっていました。

 

腫れも強くエコーを撮ってみても筋肉の損傷は明らかでした。

 

↑左側がケガ側です。

 

グレーのモヤモヤした部分が大部分を占めています。

 

これが出血を表しています。

 

結構な出血量であることが分かります。

 

翌日には・・・

 

かなりの量です(^^;

 

 

肉離れをしたときに大切なことがあります。

 

それは早急に患部を冷やすこと。

 

いわゆるアイシングです。

 

受傷直後からアイシングをすることで炎症を抑える効果が期待できます!

 

すぐに氷水で冷やすようにしましょう。

 

ただし、注意点があります。

 

炎症が治まっているのにアイシングをするのは回復を遅らせてしまうので、患部の状態を診ながら判断するようにしましょう。

目安は3日(72時間)です。

 

もう1つは患部の圧迫です。

 

これをしていない人は多いのではないでしょうか?

 

患部を圧迫することで必要以上の腫れを抑えたり、組織の修復を促進させる効果が期待できます。

 

アイシングとともに患部の圧迫も頭に入れておきましょう!

 

 

これからの時期、陸上競技や野球といった屋外スポーツが盛んになってきます。

 

しかしケガをしてしまってはベストパフォーマンスが出来ないだけでなく、スポーツの一番の醍醐味である「楽しんでやる」ことが出来ません。

 

ケガはしっかりと対策していれば防げるものです。

 

まずはしっかりとウォーミングアップをする!

 

そしてアフターケアまできちんとする!

 

この2つを徹底するだけでも怪我のリスクは格段に減らせます。

 

今日からさっそく実践していきましょう!!

 

 

明石市 東二見 みやび整骨院 立花毅