TEL

明石市二見町で四十肩・五十肩にお困りの方へ | 明石市の整骨院なら二見町にある、みやび整骨院にお任せ下さい。

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 肩の痛みの記事一覧

明石市二見町で四十肩・五十肩にお困りの方へ

2018.04.20 | Category: ハイボルテージ,五十肩,本当の原因,筋膜リリース,肩の痛み,腕の痛み

みなさんこんにちは!

 

明石市で腰痛治療を得意とするみやび整骨院、院長の立花です。

 

 

今日は四十肩・五十肩にお困りの方へメッセージです。

 

・腕が上がらない

・棚の上のものが取りづらい

・洗濯物を干すときに肩が痛い

・髪の毛をドライヤーで乾かす時に肩が痛い

・頭を洗う時に肩が痛い

 

このようなお悩みを抱えていませんか?

 

そもそも四十肩・五十肩というのは病名ではなく単に四十代・五十代の方に肩関節部で炎症が起こりやすく痛みを有する方が多くなるのでこのように呼ばれています。

 

正式には「肩関節周囲炎」と言われます。

 

肩の関節の周囲の炎症。

 

よく見るとすごく曖昧な名称ですね。

 

そうです。

 

原因がはっきり分かっていないのです。

 

原因だけでなくどこに問題が起こっているのかもはっきりしていないものなのです。(場所が特定されていれば病名が付きます)

 

 

明石市二見町のみやび整骨院にも病院で四十肩・五十肩と診断を受けて痛み止め、湿布で様子をみるように言われた方が来院されます。

 

もちろん再度細かく診察をしますが、原因が肩にない方がとても多い印象を受けます。

 

痛みや腕が上がらない原因がにあったり、にあったり、にあったりする方もいらっしゃいます。

 

 

結局は痛みや腕が上がらない原因に対して適切なアプローチが出来ていないからなかなか治らないのです。

 

痛みの感じている場所に原因があるとは限りません。

 

そこを評価する必要があります。

 

患者さんの中には長期間症状に苦しみ、結果的に凍結肩(フローズンショルダー)と言って肩関節周囲の組織が固まってしまって可動域が著しく制限されてしまった方もいらっしゃいます。

 

そうなる前にアプローチが出来ていれば・・・とつくづく思います。

 

 

肩関節は制限されると日常生活に多大なる障害を起こしてしまう重要な関節です。

 

肩の痛みや四十肩・五十肩にお困りの方はお早めに相談していただく事をおススメ致します。

 

お役に立てるはずです!

 

 

 

明石市二見町東二見 みやび整骨院 立花毅

 

 

明石市で肩を上げると痛むあなたへ

2018.02.02 | Category: 五十肩,筋膜リリース,肩の痛み,腕の痛み,首の痛み

みなさんこんにちは!

 

ランナーケア・サポートを得意とするみやび整骨院、院長の立花です!

 

 

みなさんは肩の痛みで悩んでいませんか?

 

・肩を上げると痛い

・レントゲンを撮ったけど、骨には異常なし

・湿布や痛み止めで様子を見ましょう

・四十肩(五十肩)です

 

などと言われたことのある方も多いのではないでしょうか?

 

 

みやび整骨院にも病院でそのように言われたことのある方がよくいらっしゃいます。

 

しかし、十分な処置をされないまま長期間痛みに悩まれている方が多いのも現実です。

 

なぜでしょうか?

 

もし仮に肩の痛みの原因が肩にだけあれば肩だけの処置で良くなると思います。

 

しかし経験上そのような方はかなり少ないです。

 

日常生活を送っている以上、肩だけしか使っていないなんてあり得ないですよね?

 

肩を動かす時には肘から下の腕の筋肉も使います。

 

肩甲骨周辺の肩周りの筋肉も使います。

 

鎖骨周辺の首周りの筋肉も使います。

 

 

ここも見ないといけません。

 

みやび整骨院に来られた方の中で、肩の痛みが腕の筋肉へのアプローチで良くなった方もいらっしゃいます。

 

 

先日も急に肩が痛くなり、肩が上げれなくなった方が来院されました。

 

検査を進めると肩関節周囲の筋肉に問題があるのではなく、首や腕の筋肉に問題がある事が分かりました。

 

案の定、首や腕の筋肉へのアプローチだけで当初肩が90度ぐらいしか上げられなかったのが施術後は130度くらいまでスムースに上げられていましたし痛みの度合いも2、3割にまで軽減していました。

 

原因さえ把握できれば長時間の治療もいりませんし、効率よく改善に導いていけます。

 

翌日から出張を控えていた明石市二見町在住のIさんは大変喜ばれていました。

 

 

今回、Iさんは痛くなった翌日に来院されました。

 

症状が出てから数週間や数ヶ月、数年が経過している症例に関しては少し期間を要する場合もありますが、根気強くアプローチしていけば必ず道は開けます!

 

肩の痛みでお困りの方は一度みやび整骨院にご相談ください。

 

 

明石市東二見 みやび整骨院 院長 立花毅

頭痛の治療 明石市 みやび整骨院 

2015.07.13 | Category: 肩こり,肩の痛み,頭痛,首の痛み

皆さんこんばんは!

 

毎日ムシムシと暑いですね。

 

このような梅雨の時期は痛みや不快感など強くなりませんか?

 

題名にあげました「頭痛の治療」に関してですが、私の嫁はよく頭痛に悩まされており、憂鬱な時間を過ごしていることがよくあります。

 

もともと肩や首のコリがひどいのでその影響が強いのではないかと思いますが、それだけではないように思います。

 

このお天気の影響なのか、育児の疲労の影響なのか。

 

精神的な疲れによるものなのか。

 

そんな時、よく自宅で治療してあげることがあります。

 

その都度、直後効果がよく分かり、

 

「すっきりした!」

 

と喜んでいるのですが、数日後にはまた同じような症状を訴えることもしばしばあります。

 

そんな時は継続的にアプローチしてみます。

 

そうすると頭痛から解放されて、また元気に生活が出来ています。

 

 

やはり、症状が出てからの行動では遅いようです。

 

症状が感じられる前からのアプローチがある事で頭痛が起こるリスクを軽減できる事は確実だと思っています。

 

何事も継続が大切です!

 

みやび整骨院では、頭痛に対して筋膜施術(整体)とハイボルテージ(電気治療)を組みあわせた施術を行い、なぜ頭痛が起こるのかというところに着目した治療を行っています。

 

また、生活習慣の改善が必須項目である方がよくいらっしゃいますので、そのアドバイスをしています。

 

頭痛を改善するために大切なことは

 

「なぜ頭痛が起こるのか?」

 

というところに目を向けることです。

 

 

頭痛が定期的に起こる方

 

頭痛の原因が分からないまま薬で一時的に対処している方

 

1人で悩まず一度ご相談ください。

 

あなたのお役に立てると思いますよ!

 

 

 

明石市 二見町東二見 みやび整骨院 立花毅

野球肩の治療その2

2015.06.02 | Category: スポーツ障害,肩の痛み

皆さんこんばんは!

 

立花です。

 

今日も当院ブログをご覧いただきありがとうございます!!

 

以前当ブログで紹介させていただいた野球肩治療中の患者さんの経過を報告させていただきたいと思います。

 

試合後の昨日来院されました。

 

投げれるか不安だった肩ですが、7回103球を見事投げ切れたそうです!

 

まだまだ不安要素の残る肩ですが、痛みで途中交代することなく投げれたということは本当によかったと思います。

 

しかも試合後の肩の状態が以前に比べて楽だと言っておられました!

 

真面目に通院され、リハビリを継続した結果だと信じています。

 

今後は経過確認と救援の際以外は投げるのを控え、治療に専念していかれるとのこと。

 

痛みなく全力投球が出来るようになるまで精一杯サポートさせていただきます!

 

 

明石市 二見町東二見 みやび整骨院 立花毅

 

肩の痛み  明石市 みやび整骨院

2015.05.08 | Category: 本当の原因,肩こり,肩の痛み

皆さんこんばんは!

 

今日、ご紹介にて初診来院された患者様のお話です。

 

73歳男性で、2週間ほど前から左肩に痛みを感じており、魚住のあるクリニックに行ったそうでした。

 

そちらでの診断はレントゲンに異常がなく単なる肩こりだと診断されたそうでした。

 

ご本人は、肩こりだと言われ痛みを我慢しながら余計に肩を動かし、運動させていたようでした。

 

しかし、当院で診せて頂き、訴えられる場所を触診にて確認すると、どうも単なる肩こりではないという判断をしました。

 

痛みを訴える場所を、押して確認(圧痛検査)してみたり、動かして痛みの再現(動作痛、運藤痛)を確認してみたりしていると、どうも肩鎖関節(肩甲骨の肩峰と、鎖骨で成す関節)に炎症が起こっているようでした。

 

年齢的にも、変形性関節症という状態が進んできていてもおかしくない年齢でしたので、関節の状態を確認するためにエコー(超音波)を使い診てみると、やはり予想していたような状態がその関節に起こっており、炎症状態もしっかりと確認出来、患者様に目で見て痛みの状態を確認して、より一層納得して頂くことが出来ました。

 

ですので、治療方針もスムーズに決定出来、炎症状態が確認される間は、無理な肩関節の運動を控えていただくようにご指導させて頂きました。

 

今日、初診の施術後には1回の施術だけで運動時痛の低下を実感して頂き、ご本人も肩の軽くなった様子に驚きと喜びを実感して頂けました!

 

このように、当院ではきっちりとした診察を心掛けており、患者様に納得して治療に取り組んで頂けるよう心掛けております。

 

リラクゼーションマッサージ屋さんのような整骨院にはしたくないという強い想いで、「治療」に取り組んでおります。

 

もし、なにかお困りの事が御座いましたら当院を一度お尋ねください。

 

明石市 二見町東二見 みやび整骨院  高橋敏明

冷やす?温める?について 明石市 みやび整骨院

2015.04.25 | Category: ぎっくり腰,五十肩,坐骨神経痛,寝違え,痺れ,肩こり,肩の痛み,腰の痛み,腰痛,膝の痛み

みなさんこんにちは!

 

今日は、患者さんからの質問で多い

 

「冷やしたらいいの?それとも温めたらいいの?」

 

についてです。

 

先ず、基本的に冷やす=アイシングとは、ケガをした直後で患部に熱をもっている場合にアイシングを行います。

 

また、スポーツをしている方へは試合後や練習後に、これもまた患部に熱をもっているような場合にアイシング指導をさせて頂く場合が多くあります。

 

それ以外の日常生活中に起こるような各部の痛みに対しては、ほとんどの場合で温熱療法を行います。

 

例えば、

 

寝違い

 

ぎっくり腰

 

慢性ひざ痛

 

五十肩

 

神経痛

 

肩こり

 

眼精疲労などなど。

 

寝違いやぎっくり腰の時は冷やす方が良いと思っている方がよくいらっしゃいますが、基本的には温める方が良いです。

 

(場合によって熱感などがあるときにはアイシングを数日のみする場合もあります。)

 

分からない事は、必ず当院スタッフにお尋ねください!

 

是非参考にしてください!

 

明石市 二見町東二見 みやび整骨院 立花