TEL

辛い首や肩のコリにお悩みではありませんか? | 明石市の整骨院なら二見町にある、みやび整骨院にお任せ下さい。

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 冷え性の記事一覧

辛い首や肩のコリにお悩みではありませんか?

2019.03.16 | Category: ストレートネック,便秘,冷え性,姿勢矯正,整体,本当の原因,猫背,肩こり,頭痛,首の痛み

みなさんこんにちは!

ランナーケア、サポートを得意とするみやび整骨院の受付、橋田です。

 

春が近づき暖かくなってきたとはいえ、まだまだ寒い日が続いていますね。

 

みなさん体調いかがですか?

 

寒さでグッと体をこわばらせがちになって、痛みや体のコリを感じている方も多いのではないでしょうか?

 

私は腰痛の悩みは昔からあっても、肩こりの痛みはそれほど感じたこともなく過ごしていたのですが、一昨年交通事故で念のため病院でレントゲンを撮ってもらった際に、

 

「今は痛み等なくてもストレートネックなので、10年後20年後何か症状がでるかも。ストレッチしてくださいね。」

 

と言われてしまいました。

 

 

そもそも、ストレートネックとは??

 

ゆるやかにカーブしているはずの頸椎(首の骨)が、首を前に出した姿勢を続けたことによって真っ直ぐになった状態です。

現代社会では、パソコンやスマホを使うことで前傾姿勢になりストレートネックが助長されたと考えられています。

 

 

ストレートネックかどうかは、私のようにレントゲン検査を受ければすぐに分かりますが、簡単なセルフチェック法もあります。

 

壁を背にして「気を付け」の姿勢をとります.

 

その時に後頭部、肩甲骨、お尻、かかとの四か所が特に意識しなくても自然につけば正常な状態です。

 

もし後頭部が壁につかなかったり、意識的に背を後ろに倒さないとつかない場合はストレートネックの可能性が非常に高いといえます。

 

いかがですか??

後頭部が前へ出てしまった方、簡単に自分でできるストレートネックの解消法をお教えします。

 

 

 

【その1】

正しく椅子に座ります。

両手でタオルを持って、首の後ろにあてます。

 

 

【その2】

首全体を後ろに倒すのに合わせて、タオルを前上方に引き10秒キープします。

これによって、首の前頸椎中央の前弯カーブを作ります。

 

 

【その3】

タオルは軽く前上方に引いたままで、胸を張ると同時に、

あごをのど仏に向かって近づけるようにあごを引きます。

タオルが後ろに引かれそうになったら、その位置で止めて20秒キープします。

 

 

これを、三回繰り返してください。

あごを引くのが難しかったり、痛みが出るような時は、タオルに加えた力を弱めてくださいね!

 

ストレートネックは肩こりや首のこりの症状の他にも、

・背中の痛み

・頭痛

・手のしびれ

・冷え

・便秘

・不眠

・倦怠感

 

などの症状も引き起こす原因とも言われています。

 

こんなにもたくさんの不調に繋がるストレートネックを甘く見てはいけませんよね。

 

私も、まずは家での解消法から試してみようと思います。

 

それでも肩のコリや首のコリなどの症状がよくならない方は当院へご来院ください。

 

あなたの辛い症状の原因を追究し、解決に導きます。

 

きっとあなたのお役に立てるはずです!

 

 

明石市 二見町東二見 みやび整骨院 受付 橋田

 

 

冷え性の対策

2018.12.19 | Category: 冷え性,温熱ドーム,足湯

みなさんこんにちは!

 

ランナーケアサポートを得意とするみやび整骨院、受付の橋田です。

 

私は寝る前など、足先の感覚がなくなるほどの「冷え」を感じているのですが、みなさんはいかがですか?

 

女性のお悩みの代表格といえば「冷え」ですよね。

 

冷え症だなぁと認識している年数については、

 

5年以上が20%、10年以上が40%と半数以上が長年冷え症に悩む「万年冷子(まんねんれいこ)」であると言われています。

 

冷えで悩む方で最も多い対策としては「服の厚着」であり、その他は「就寝時のゆたんぽ・電気毛布の使用」「ショウガや汁物などの身体が温まるものを摂取する」といった一時的な対策です。

 

冷え症に悩まされつつも

 

毎年の冷えが当たり前になり、諦め傾向になっている。

 

と推測できます。

 

では、

 

「冷えは感じてるけどそこまで悩んだことはないかも。私って冷え症?」

 

「よくわからないな、どうなんだろう?」

 

という方、5秒でわかる冷え診断をしてみましょう!!

 

 

その1

・朝、起きぬけの布団に寝たままの状態で脇の下に手のひらを挟みこみ、そのあとその手をお腹の上に置いてみましょう!

脇の下より、お腹が冷たければ、冷えています。

 

・起きぬけの布団の中では脇とお腹は本来同じ温度であるべきなのですが、もしお腹の方が冷たい場合、内臓も冷えている証拠です。

 

 

その2

・場所や時間を問わず、自分で耳を折り曲げてみてください。

痛いと感じれば冷えています。

 

・飛び上がるほど痛いと感じる方は毛細血管まで血が通ってない状態なので冷えている可能性大です。

 

 

その3

・朝起きた時に昨晩寝付いた時と同じ場所、同じ姿勢で寝ていたら冷えていると言われています。

 

人間は寝ながらいろいろな姿勢をとり、身体のこりや疲れを取ろうとします。

 

体温によって布団が温められるので、その暑さから逃れるために寝る位置を変えながら眠ります。

 

しかし、身体が冷えていると布団が温まりにくく、姿勢を変えたくて寝返りを打っても移動した場所の布団が冷たい為にまた元の位置に戻ってしまうのです。

 

 

 

長年の冷えを自覚している「万年冷子さん」も、冷え診断で「冷えてる!」と気付いた方も諦めずに改善して、ポカポカで不調の無い日々を目指しましょう!

 

まず、簡単に出来て、すでにされている方も多い一時的な対策の代表である飲み物、食べ物を取り入れてみましょう。

 

しょうが温かい汁物を意識的に取り、特に冬は赤ワイン芋焼酎梅酒など、身体を温めるお酒をおススメします!

 

あとは、・首・手首・足首 の「三つの首」を温めましょう。

 

ハイネックのセーターにマフラー、手袋、靴下やブーツで温めると寒さで縮こまった身体も驚くほど楽になりますよ!

 

 

そして、みやび整骨院でぜひ一時的な対策に加えて「足湯」をしてみてください。

 

 

足の裏には、内臓の働きを活性化させるツボがたくさんあります。

 

45度~46度くらいの10分間浸すだけで、終わるころには足全体がポカポカです!

 

温度調節もお任せください。

 

更に、「温熱ドーム」もおススメです!

 

 

体温が1℃下がると、免疫が30%以上も低下し代謝が12%低下すると言われています。

 

免疫力が低下すると風邪や病気にかかりやすくなり、代謝が低下すると血液中に燃焼しきれなかった老廃物が残ってドロドロ状態になり、動脈硬化の進行を促進します。

 

さらに、体温を維持するためのエネルギー生産がスムーズにできなくなり、更なる冷えを招くことにもなります。

 

これを改善してくれるのが温熱ドームです!

 

温熱ドームと、足湯をセットでされる方もいらっしゃいます。

 

風邪もひきにくくなり、家に帰ってもポカポカで夜もぐっすりと眠れて、女性には嬉しい化粧ノリも良いと評判です!

 

・今までずっと冷えに悩んでこられた方

 

・私って冷え症だったんだと気付いた方

 

冷えは「治らない」「仕方ない」と諦めずにみやび整骨院の足湯温熱ドームで、冷えを気にしない快適な生活を一緒に目指しましょう!

 

また、その他の体の不調、関節の痛み、腰痛等も相談ください。

 

お電話お待ちしております。

 

明石市 二見町 東二見 みやび整骨院 受付 橋田

 

 

 

 

寒さで体の不調が出ている方へ

2018.11.17 | Category: 冷え性,温熱ドーム,肩こり,腰痛,自律神経,足のむくみ

みなさんこんにちは!

ランナーケアサポートを得意とするみやび整骨院、受付の橋田です。

 

もう11月なのにまだまだ暑いな~と思っていた先週・・・・

しかし、朝晩が一気に寒くなり徐々に冬の訪れを感じますよね。

私は寝るときに足がキンキンで寝付けなかったり、朝布団からなかなか出られなかったり・・

寒い日に屈むと腰がギギギギとなる感じもするし、少しずつ体の不調が出始めました。。

 

私も毎年いろんな体の不調を感じるので、同じようなお悩みをお持ちの方のお役に立てればなと思います!

まず、よくある 冬の体の不調 としては

 

・頑固な肩こり

・しつこい腰痛 

・冷たい手先、足先

・脚のむくみ

・関節痛

 

があげられます。当てはまる方も多いのではないでしょうか?

 

では、そもそも毎年この時期に起こる体調不良の原因は何なのでしょうか?

 

 

その➀ 気温の変化によって血流が悪くなる。

 

体温を一定に保とうとする調節機能が低温の環境下では、体内の熱を外へ逃がさないように血管が収縮します。

すると、こりの原因の一つとなる老廃物が筋肉内に溜まりがちになります。

 

その② 寒さによって姿勢が悪くなる。

 

寒くなるとついつい体を丸めてしまいませんか?

これは、身体の中心にある臓器を守ろうとする本能的な行動なのです。

どうしても丸まりながら歩いてしまいますよね・・・

私はほぼ遠目で見たら「〇」っていうぐらい丸まってしまっています笑

・・が、この体勢では筋肉も凝り固まってしまいます。

 

その③ 外に出る機会がへり、運動不足になっている。

 

これはメンタルの問題ですね・・(笑)

寒い日は外に出たくない、できるだけ車で移動したい、、気持ちは痛いほどわかります。(私もこのタイプなので・・)

でも実は、冬は基礎代謝が高い季節なので夏場よりも運動による脂肪燃焼効果が得やすいのです。

これを知っているとすこーーーし、運動する気になります・・よね??

 

では、自分でできるセルフケアをご紹介します。

 

まず、タンパク質を意識した食事で血流を活発にしましょう!

人間は、食べたものを消化するときに熱を発します。特にたんぱく質を消化するときに多くの熱を発すると言われているので、意識的に取ることで自然と体温が上がり、血流が活発になります。

☆おススメの食材は、お肉・お魚・豆腐・納豆・卵 などです。

朝ごはんに、鮭、納豆、ゆで卵、白米のよくある和食メニューでその日一日元気に過ごせそうですよね。

 

次は姿勢に関してですが、

 

デスクワークの方、本をよく読む方、日記など文字を書く方、一定の姿勢を長時間しがちですよね。

そんな方は特に、こまめなほぐし運動をしましょう。

普段から運動している人は、少しでも身体にこわばりがあると気づくことができます。

しかし、運動不足の人はなかなか気づけず危険信号を察知できないまま放置してしまってどんどん筋肉が硬直していってしまいます。

仕事や家事の合間に、こまめなほぐし運動を取り入れましょう!

 

肩こりに対するストレッチは・・・

 

腕ぐるぐる運動です。

手を肩の付け根のところに当てて、両肘で大きな円をかきましょう。

(画像はネットからお借り)

首をすくめないように注意してくださいね。

 

腰痛に対するストレッチは・・・

 

伸ばすことを意識しましょう。

椅子に座った状態で身体を捻り、片手を逆側の膝の外側にかけて10~20秒キープしましょう。

息は止めず、吐く時間を長く意識しましょう。

(画像はネットからお借り)

テニスボールがある方は、仰向けでテニスボールをお尻で踏んで凝りやすい所を直接ほぐすのも効果的でオススメです。

 

運動不足に関しては、

 

今の生活にプラスひとつ取り入れることから始めてみましょう。

例えば、朝起きてストレッチをしてみる・・すると血流が活発になり動きやすくなり、目もパッチリ覚めます。

私は目覚ましが鳴って、まず寝ころんだまま背伸びをする事から始めてみましたが、それだけでも起き上がりがスッキリとします。

 

あとは、通勤中、買い物中など、歩き方を意識しましょう。

スマホを見ながらなど、ながら歩きは卒業し、歩幅も大きくスタスタと歩きましょう。

カバンもリュックなど、両腕をしっかり振れると更にいいですね!

 

これプラス、

みやび整骨院には、温熱ドームがあります。

 

 

全身をしっかりと温めることでバランスの乱れてしまった自律神経を整える効果があり、普段のセルフメンテナンスに是非とも加えてみませんか?

お顔は出た状態なので、サウナが苦手な方でも入りやすく、寒い時期は特に気持ちよくポカポカになって好評です。

 

頑固な肩こり、しつこい腰痛、手足・足先の冷え、脚のむくみ、関節痛にお悩みの方は

ぜひお気軽にお電話ください。

 

 

明石市 みやび整骨院 受付 橋田

 

9月に入ってなんだかしんどい、それは秋バテかも?!

2018.09.14 | Category: 冷え性,温熱ドーム,秋バテ

みなさんこんにちは!

ランナーケア・サポートを得意とするみやび整骨院です!

 

早速ですが・・・

夏バテじゃなくて「秋バテ」もあることをご存知ですか?

 

「なんとなくダルイな・・」

「やる気が出ない・・」

「夏も終わりなのに食欲が戻ってこないな・・」

この、なんだかしんどいな。という症状・・秋バテかもしれないです。

(画像はネットからお借り)

 

朝晩、やっと涼しくなった!って思ってもダルさ・疲労感があるような方は必見です!!

とっておきの解消方法をご紹介します。

 

そもそも秋バテとは何なのでしょうか・・??

猛暑の影響で急激な気温の変化に体がついていかず、ストレスをためて自律神経を乱したりクーラーで冷え切ってしまい血の巡りが悪くなることから夏バテがおこります。

秋バテは、その夏に溜まった疲れがドッと出始め、だるさが長引きます。

 

秋バテのサイン

食欲がなくなる

疲れやすい、だるい

立ち眩み、めまい

頭がボーっとする

朝すっきり起きられない

 

原因は何なのでしょうか?

・クーラーによる自律神経の乱れ

・冷たい物のとりすぎ

・暑さによる疲労、ストレス

などがあります。

 

・・・当てはまる方も多いのではないでしょうか?

 

朝晩涼しくなっているのに、夏の生活リズムのまま過ごしていませんか?

薄着や冷たい物を取り過ぎると、体の表面は暑いのに体の中は冷えた状態になります。

体の冷えから自律神経を乱し、血液の巡りを悪くして内臓の機能を低下させてしまっているのです。

自律神経の乱れ(ストレス)と冷え(血の巡り)こそが秋バテの原因なのです。

 

対策は??

・暖かいお風呂にゆっくり浸かる(血流を良くして新陳代謝もアップ!)

・マッサージでリラックス

・軽い運動(脳内を活性化、ホルモン分泌の促進)

・温かい食べ物を取り、一日三食バランス良く食べる

 

おすすめの食べ物は??

・かぼちゃ

・さつまいも

・しいたけ 

・鮭

・豆乳

・ぎんなん

・山芋

・はちみつ

・・・などなど。。

まさに、らしい旬の食材です!!

(旬の食材は少しお安く手に入るので、家計にもやさしいですね!)

 

 

規則正しい、健康的な生活をする。

・・・簡単そうでなかなか難しくないですか?

夜更かししてしまったり・・・

食欲の秋でたくさん食べてしまったり・・・

自分で意識して過ごすのももちろんですが、

当院では温熱ドームが効果的です。

 

 

温熱ドームは副交感神経(自律神経系のひとつ)を優位にさせ、自律神経を整えます。

顔は出ているのでサウナのような息苦しさはなく、気持ちよくじんわりと温まり始め・・

終わるころには汗がたくさん出て、スッキリとした気分になります!

 

わたしも温熱ドームを体験したのですが

入った日には、スーッと眠りにつけますし、

次の日の朝、お化粧ノリがとても良くなりました(これ、女性にとっては嬉しいですよね~)

涼しくなって、温熱ドームに入りやすい時期にもなりましたし、ぜひ、ご自分の生活リズムを整えると共にみやび整骨院の温熱ドームも取り入れてみてはいかがでしょうか?

お気軽にお問い合わせください。

その他、頑固な首や腰の痛み、スポーツ中のケガなど不調等ありましたらいつでもご相談ください。

 

 

明石市 みやび整骨院 受付 橋田

 

 

冷えが招く身体の不調

2017.11.22 | Category: 冷え性,未分類,温熱ドーム,足湯

皆さんこんにちは!

ランナーケア・サポートを得意とするみやび整骨院、院長の立花です!

 

今日は「身体の冷え」について書きたいと思います。

 

 

みなさんは冷え性についてどのように考えていらっしゃるでしょうか?

 

単に手足が冷たい状態とだけ考えていませんか?

 

それは大間違いです。

 

冷え性に明確な基準はありませんが、体温が35℃台の人は確実に冷え性です。

 

36.5℃以下は冷え性であるという見解もあります。

 

みなさんはいかがでしょうか?

 

 

冷えは万病の元という言葉があります。

 

その言葉の通り、体が冷えると様々な身体の不調が現れます。

 

風邪を引きやすい

インフルエンザにかかる

アレルギー症状に悩む

生理痛

不妊

胃腸虚弱

高脂血症

不眠

易疲労

肥満

などなど・・・

 

書ききれませんが、パッと思いつくだけでもこれだけたくさんの身体の不調が冷えと関係があります。

 

身体は冷やしてはいけません。

 

しかし、冷え性をあきらめてもいけません。

 

ちゃんとした対処をすれば体質改善は十分可能です。

 

バランスの取れた食生活を心掛ける。

旬のものを摂取するようにする。

軽い運動を心掛ける。

筋肉をつける。

入浴の習慣をつける。

 

これらを計画的に行えば必ず身体は変わります。

 

冷え性にお困りの方はぜひ実践して下さい。

 

 

さらに、みやび整骨院でも冷え性の方をサポートしております。

 

温熱ドーム足湯です。

 

全身しっかり温めたい方は温熱ドーム

 

手軽に足から温めたい方は足湯がおススメです。

 

どちらも身体の冷えには効果抜群です。

 

しかもこれからの季節はとっても気持ちがいいです!

 

冷え性の改善は早いに越したことはありません!

 

さぁ今すぐ一緒に根本改善を目指しませんか?

 

 

明石市東二見 みやび整骨院 立花毅

冷え性解消!!(^U^)ノ☆明石市 みやび鍼灸整骨院】

2015.10.14 | Category: 冷え性,未分類

最近、朝晩とっても冷え込みますね"(-""-)"

体調崩していませんか?? 冷えていませんか?? 

 

末端冷え症になりやすい人の特徴!!

 ✅筋肉量が少ない     ✅自律神経の乱れ

 ✅ストレス過多      ✅血液循環が悪い

 ✅運動不足        ✅過剰なダイエットをしている

 ✅偏食          ✅長時間同じ姿勢でいる事が多い

 

しっかりと食事をとり、運動をし、筋肉を増やし、熱を作り出しやすい身体作りをすることが大事です☆

 

ゆっくりお風呂につかり、先々にまで血流が届くように指先・足先を動かしマッサージをしてあげると

血流が改善されると、冷えも緩和されます!(^^)!

 

生野菜は熱を取る効果があるため体を冷やしてしまうので、温野菜かスープが温まりますね(^_-)-☆

 

足湯もすごく効果的!! 私も家で足湯をしています♪

お風呂からあがって、すぐに布団に入ればいいのですが・・・

ついつい遅くなってしまい、せっかく温もった身体が寝る時には冷えてしまっています↓↓

そんな時は特に足湯をします( *´艸`)

全身ポカポカ、足は軽く、むくみも解消!!

テレビを見ながら、お茶しながら・・・ついでに出来てお手軽だしおすすめします♡

 

末端冷え症、放置していても回復しません・・・

寒い寒い冬がやってくる前に、少しずつ改善^していきましょう(^^)

当院でも足湯をしています、自宅での正しいやり方もお教えいたします☆

ぜひ、試してみてください(^_-)-☆

 

明石市 みやび整骨院 受付 西尾

ストレスと冷え 【明石市 みやび鍼灸整骨院】

2015.09.24 | Category: 冷え性

ブログをご覧の皆様!! こんばんわ☆彡

今回は冬に限らず悩む人が多い『冷え』と、誰もが抱える『ストレス』のお話しです。

 

近年、冷えの原因として増えているのが、ストレス(過緊張)による冷えです。

特に女性は昔に比べ働く人も増え、さまざまな外的環境と接する機会が増えたことにより、ストレスを感じやすい環境になっています。

ストレスがきっかけで、常に緊張している状態となり、血流が悪くなり、冷えやすい体質になってしまうのです。

また、ストレス冷えの厄介な特徴として、自覚が無いことがあげられます。

冷えは胃腸・代謝・自律神経の機能低下が原因と言われています。

ですが!!実は、夏の猛暑により自律神経が乱れることや、夏バテで胃腸が弱ってしまうことなど、夏につくられた冷えがリセットされずに積み重なって、秋冬の“冷え”につながっていきます。

ストレス冷えの人は自覚が無いために、気にせずエアコンにあたったり、冷たいものを摂取したりと、自ら冷え体質を助長させてしまうのです。

通常、体質的に冷えやすいタイプの人は冷えによる体調の変化として、

・月経異常や肌荒れ・くま・血行不良

など外見に現れる不調から始まり、体のむくみや下痢・便秘などの水分のアンバランス症状、そして、イライラ・不眠・パニック・うつ病などの自律神経失調による不調と、段階を経ていきますが、ストレス“冷え”の人は、体質的に冷えやすいタイプではないので、いきなり、自律神経失調による不調になってしまう人も多いことが特徴です。

 

現代人に多いストレス冷えに対処するために、ここでは、適切な対策を行う上で必要なストレス冷えの代表的な特徴を4つ紹介します。

①部分的に汗をかく

 交感神経の緊張から、手のひらや足先など部分的に汗をかきます。

②外から温めたりして体がリラックスすると症状が悪化する

 緊張した状態が普通になってしまっているため、体がリラックスした状態になっても、気持ちはリラックスすることができず、かえって冷えの症状が悪化してしまいます。

③イライラ・不眠・パニック・うつなどの症状が出やすい

 冷えから派生した不調はいろいろありますが、ストレス冷えの人は、こういった自律神経系の症状が出やすい傾向があります。

④「冷えている」という自覚がない

 冷えの自覚がないため、一年中冷たい飲み物を飲んだり、冷房にあたり過ぎたりと、冷えをためこみやすく、気付かないうちに“冷え”を悪化させてしまう人が多い傾向にあります。

『冷え』をこれ以上“悪化させない”、“ためない”ようにし、まずは丈夫な体を内側からつくることが改善への一歩です。

 

『身体』という通り、中身が良くなければ体に症状が出ます。

病気だけでなく、人との関わりや精神面も中身が大事ですから、自分自身を大切にしていれば人も大切にできますよ♪

 

明石市 みやび整骨院 受付 渡邊

冷え性【明石市 みやび鍼灸整骨院】

2015.09.03 | Category: 冷え性

ブログをご覧の皆様!!こんばんは☆彡

夏も終わり、少しずつ涼しくなってきましたねー(-.-)

今回は『冷え性』について書いていきます!!

 

そもそも冷え性の定義は、はっきり決まってはいないんです!!

夏でも体が冷えている

手足が常に冷たい

人よりも寒がり

といった非常にあいまいな基準で、本人が「自分は冷え性だ」と自覚しているケースがほとんどだそう・・・

ただ、中には本人にはあまり冷えという自覚症状がなくても、基礎体温を測ってみたら常に36度以下だったり、

体は温かくてもおなかの中、つまり「内臓」が冷えているという場合もあるのです!!

冷え性の人は血液のめぐりが悪くなっているので、どちらかというと血色が悪く、毛細血管が縮んでしまっていることが多いです。

なので、冷え性の女性の中にはむくみ・月経痛・月経不順・不妊といったトラブルを抱えている人が多く見受けられます。

冷え性の原因は、血行不良と熱の産生不足・・・体を冷やす外的刺激が多いと冷え性になりやすい体質を作ってしまいます。

クーラーや薄着など体を冷やす機会が多い

きついガードルやデニムなど体を締め付けるものが多く血液の流れを妨げる

ファストフードや加工食品や甘い物など体を冷やす食べ物を多く摂っている

運動不足である

バランスの悪いダイエットで脂肪より先に筋肉が減っている

ハイヒールや悪い姿勢で骨盤がゆがみ血行が悪くなっている

いずれも生活習慣や食習慣を見直すことによって改善できるものばかりです。

冷え性は、いわゆる体質的な部分だけでなく、生活習慣のなかで冷えにさらされることの積み重ねが原因になることがあります。

このことを、東洋医学では「積冷」と呼びます。

たとえばエアコンの普及や衣服・食生活の変化、それに夜型の生活やストレスの増大も影響して現代人は冷えを感じやすくなっています。

「生活習慣病」という言葉がよく使われるようになって来ましたが、

食事や運動など生活習慣を改善することで疾病の予防や治療に役立つことが西洋医学的でも、ようやく認識されてきたそうです。

漢方では古くから衣食住をはじめとする生活全般にわたる注意、つまり「養生(ようじょう)」が重視されており、冷え性対策においても、

いろいろな角度から日常生活を改善していくことが有効です

 

これから寒くなる季節です"(-""-)"

冷え性を改善するためにも、生活習慣を見直し体質改善に努めましょう☆

 

明石市 みやび整骨院 受付 渡邊

月経困難症 明石市 みやび整骨院

2015.08.21 | Category: 冷え性,温熱ドーム,足湯

月経時の腹痛や腰痛、生理痛は、ほとんどの女性の方が経験あるのではないでしょうか?

 

ひどい方は、あまりの辛さに、起き上がる事すら出来なかったり会社や学校を休んでしまったりというケースも少なくないようですね。

 

腹痛

お腹の張り

腰痛

頭痛

吐き気

貧血

食欲不振

イライラ

倦怠感

 

など

 

毎月、月経がやってくるのは健康なことなのですが、痛みと戦うのは本当に辛いですね。

 

月経困難症は2タイプに分かれます。

 

「機能性(原発性) 月経困難症」

 

生理の血液を排出するために子宮の収縮を促す物質(プロスタグランジン)の過剰分泌が主な原因です。

 

特に疾患があるわけではなく、子宮や卵巣が未成熟であることと、冷えやストレスも原因です。

 

 

「器質性(続発性) 月経困難症」

 

子宮内膜症子宮腺筋症子宮筋腫など、疾患があるために起こるものです。

 

生理期間中以外にも痛みを生じることもあります。

 

 

すでに医院で治療をされている方もいらっしゃると思いますが、日常生活を少し見直して体質を正常に戻すことが一番大切です。

 

生活習慣が乱れるとホルモンバランスが乱れ、月経の症状が重くなります。

 

 

・疲れや精神的なストレスも症状を悪化させる原因のひとつです。

 

・月経時は無理せずゆったり過ごしましょう。

 

・規則正しい生活を送りましょう。

 

・バランスの良い食事を三食きちんと食べましょう。

 

・睡眠と休息を十分にとり、疲れやストレスを溜めないようにしましょう。

 

・リラックスできる時間を作り気分を和らげましょう。

 

・身体を冷やさないようにしましょう。

 

・月経前は骨盤の血流がうっ滞するので、適度な運動をしましょう。

 

などなど

 

自分がどちらのタイプの月経困難症なのか把握し、治療することが大切ですね。

 

まずは自らの生活習慣を見直し、症状の改善を図りましょう!

 

みやび整骨院でも体質を変えるための温熱治療(温熱ドーム足湯)などがあります。

 

月経時の不調でお悩みの方は是非一度みやび整骨院にご相談ください。

 

明石市 二見町東二見 みやび整骨院 受付 西尾

 

内臓型冷え性 明石市 みやび整骨院

2015.05.14 | Category: 冷え性,温熱ドーム,足湯

お腹の上に手をあててみてください。

 

『あれ?なんか冷たいかも』と感じた方は内臓型冷え性の可能性があります。

 

手足の先が冷たくなる通常の冷え性は自覚している方が多いのですが身体の奥、内臓の冷えは見過ごしてしまいがちです。

 

内臓型冷え性になるとダイエットで体重が落ちにくくなったり、お腹の中にガスや水分がたまることで便秘や下痢を繰り返すなどの症状がでます。

 

さらに免疫力が低下するため風邪をひきやすくなり疲れやすく身体が重だるく感じるなどの弊害もあります。

内臓型冷え性になりやすいのはまず

 

絶対的な筋肉量が不足している人

 

日常的に運動をする習慣がない方

 

低血圧

 

という方です。

内臓の冷えを防止する3つのポイントです!

 

①冷たい飲み物より温かい飲み物を飲む。

 

②身体を温める食品を摂取する。

 

③汗をかかなぃ位の厚着をする。

 

 

自律神経の乱れも内臓型冷え性の原因の1つで日常的に汗をかく習慣をつけることで内側から内臓の冷えを改善していきましょう。

 

みやび整骨院には足湯、温熱ドーム、身体を内側から温めるものがあります。

 

継続して行うことで、体質を変えることが可能です。

 

暑くなってきても身体の内側は冷えてるかもしれません。

 

内臓型冷え性がエスカレートすると感染症にかかりやすくなったり身体のだるさがひどくなったり生活に支障をきたすケースまであります。

 

年中通して身体を内側から温めましょう。

 

 

明石市 二見町東二見 みやび整骨院 受付 佐藤早苗