TEL

明石市で膝に水が溜まってお困りの方へ | 明石市の整骨院なら二見町にある、みやび整骨院にお任せ下さい。

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > オステオトロンの記事一覧

明石市で膝に水が溜まってお困りの方へ

2018.03.09 | Category: オステオトロン,ハイボルテージ,膝の痛み

みなさんこんにちは!

 

ランナーケア・サポートを得意とするみやび整骨院、院長の立花です。

 

 

みなさん、膝に水がたまった経験はないでしょうか?

 

今日はなぜ膝に水が溜まるのかをお伝えしたいと思います。

 

 

膝の水は医学的に「関節水腫(かんせつすいしゅ)」と言われています。

 

関節水腫の原因は基本的には関節内部での炎症です。

 

↑実際の膝関節水腫のエコー画像です。

赤丸内の黒い部分が水です。

 

 

ご高齢者の関節水腫の原因疾患としては変形性膝関節症が挙げられます。

 

スポーツをやっている方に多いのが半月板の損傷によるものです。

 

 

よく「膝の水を抜くとクセになるから抜かない方がいい」と言われたり、聞いたりしますが

 

これは厳密にいうと間違いです。

 

クセになっているのではなく、関節内部での炎症が続いているから水が溜まり続けるのです。

 

つまり、関節内部の炎症を鎮静化させる必要があります。

 

これには適切な対応が必要になります。

 

 

まずは関節にかかる負担を減らす(安静)必要があります。

 

熱を持っている場合にはアイシングも必要です。

 

ここまでは自分自身でもすぐに出来ます。

 

しかしこれだけでは不十分なことがよくあるので関節ストレッチや振り子運動をみやび整骨院では行っています。

 

さらに、抗炎症作用のある超音波(オステオトロン)やハイボルテージ(電気)を用いて効率を高めます。

 

これらを付加することにより炎症が収まりやすくなって、関節水腫が吸収されやすくなります。

 

もちろん、著明に溜まっていて痛みが生じている時には抜くことが必要になる場合もあります。

 

 

ですが、「膝の水が溜まる=水を抜く」ではないことを覚えておいてくださいね!

 

 

明石市東二見 みやび整骨院 院長 立花毅

オステオトロン治療

2015.02.25 | Category: オステオトロン,骨折

ボードをはじめてから、負傷が相次いでいます・・・

 

行くたびにドコかを痛めて帰ってきます"(-""-)" 

 

そのたびに、先生に相談し治療してもらっています☆

 

今してもらっているのが、オステオトロン治療!!! 

 

効きますよっ!!!

 

痛めてからも、日にち薬だと思い放置してて、治らないままボードにも行ってたら、ひどくなる一方で歩くのさえ困難に・・・(-_-;) さすがに不安になり院長に相談して、オステオトロン治療を始めました★

 

二週間近く痛みを我慢してたんですが治らなかったのに・・・

 

オステオ、固定、テーピングをしてもらって3日目で嘘のように完治!!!

 

安静にしないといけないのは分かっていても、寝込むわけにもいかないし、安静って意外と難しいですよねっ( ;∀;)

 

もっと早くに相談するべきでした!

 

筋肉痛は当たり前! 尾骨、手の親指損傷に続き、今は捻挫と戦っています。笑

 

なんとか毎週末のボードは絶対行きたいから、早く治して!という私のわがまま希望に一生懸命治療してくれた院長に感謝です。

 

皆様も、何かお困り、お悩みの事があれば、どんな小さなことでもご相談下さい(^^)/

 

ボード♡ 今シーズン、行けるのも残り少なくなってきました↷(;_:) 

 

最後まで怪我しないように楽しみたいです(^^)v♪

 

明石市 みやび整骨院 受付 西尾