MENU TEL

肉離れの対処法

2018.09.21 | Category: スポーツ障害,ハイボルテージ,ランニング障害,筋膜リリース,肉離れ

みなさんこんにちは!

ランナーケア・サポートを得意とするみやび整骨院です!

 

 

今回は「肉離れ」をした時の対処法をお伝えします。

 

 

早速ですが、肉離れを起こしたら傷の程度を問わずにまず「RICE処置」を行いましょう。

 

 

RICE処置とは

 

R:Rest(安静)

I:Ice(冷却)

C:Compression(圧迫)

E:Elevation(挙上)

 

の4つの処置の頭文字をとって言います。

 

 

RICE処置は、ケガをした直後の初期治療として基本的なものであり、この受傷直後の処置が予後(その後)を決定すると言っても過言ではありません。

 

 

しかし、ケガをした状況や環境によってはRICE処置を全て速やかに行うことが困難なことがあります。

 

 

その場合はとにかく「Ice」、冷やすことを最優先して行いましょう。

 

 

氷水で冷やすのが理想的ですが、氷がなければ水道の水でもかまいません。

 

 

まずは「Ice=アイシング」を徹底しましょう。

 

 

そして速やかに医療機関で対応してもらいましょう。

 

 

決して自己判断でケガの程度を判断せず、治療のプロに判断を委ねましょう。

 

 

 

ここまでは肉離れになってしまった時の対処方法をお伝えしました。

 

しかし、肉離れの対処の本質は「なぜ肉離れになってしまったのか?」を追究することです。

 

 

肉離れが起こるのにも必ず原因があります。

 

 

「なぜ肉離れになってしまったのか」というところに目を向けないと結局はまた再発してしまいかねません。

 

 

肉離れを起こす原因としては

 

筋への疲労の蓄積

筋の柔軟性の低下

ウォーミングアップ、クールダウンの不足

 

が主に挙げられます。

 

 

まずはこのような点が当てはまらないかをチェックして、もし当てはまる場合は改善の努力をしましょう。

 

 

でないと、再発を繰り返して思うようにパフォーマンスが発揮出来なくなります。

 

 

実際にみやび整骨院に来院される肉離れを起こしたアスリートに聞いてみても、上記の3点がすべて満足に出来ている人は少ないように思います。

 

 

確かにトレーニングを行う環境(部活動での全体練習、時間の制約)で、十分なウォーミングアップ・クールダウンの時間がとれない場合もあります。

 

 

しかし、残りの2点は家でも行うことが出来ます。

 

 

疲労が過度に蓄積している場合は入念なストレッチ、入浴等で緩和することが可能です。

 

 

柔軟性が低下している場合でも柔軟運動を正しく行えば柔軟性を高めていく事も十分可能です。

 

 

結局は肉離れを起こさないための意識とその継続で大概は防ぐことが出来るのです。

 

 

 

しかし、きちんと予防に努めていても試合等の緊張状態の中だと肉離れは少なからず起こってしまいます。

 

 

その時はケガにしっかりと向き合い、正しい処置が出来れば必ず治ります。

 

 

みやび整骨院でも多くのアスリートのサポートをしております。

 

 

一日でも早く競技復帰が出来るように最大限のサポートをさせていただいておりますので、肉離れを起こしてしまったら一度ご相談ください。

 

 

 

 

明石市 東二見 みやび整骨院 立花毅

 

当院へのアクセス情報

みやび整骨院

所在地〒674-0092
兵庫県明石市二見町東二見795-1
サンシャイン寺西1-101
駐車場6台あり
電話番号078-939-2971
休診日木曜午後
土曜午後
日曜・祝祭日
院長立花 毅

明石,交通事故治療