TEL

明石市で膝に水が溜まってお困りの方へ | 明石市の整骨院なら二見町にある、みやび整骨院にお任せ下さい。

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > オステオトロン,ハイボルテージ,膝の痛み > 明石市で膝に水が溜まってお困りの方へ

明石市で膝に水が溜まってお困りの方へ

2018.03.09 | Category: オステオトロン,ハイボルテージ,膝の痛み

みなさんこんにちは!

 

ランナーケア・サポートを得意とするみやび整骨院、院長の立花です。

 

 

みなさん、膝に水がたまった経験はないでしょうか?

 

今日はなぜ膝に水が溜まるのかをお伝えしたいと思います。

 

 

膝の水は医学的に「関節水腫(かんせつすいしゅ)」と言われています。

 

関節水腫の原因は基本的には関節内部での炎症です。

 

↑実際の膝関節水腫のエコー画像です。

赤丸内の黒い部分が水です。

 

 

ご高齢者の関節水腫の原因疾患としては変形性膝関節症が挙げられます。

 

スポーツをやっている方に多いのが半月板の損傷によるものです。

 

 

よく「膝の水を抜くとクセになるから抜かない方がいい」と言われたり、聞いたりしますが

 

これは厳密にいうと間違いです。

 

クセになっているのではなく、関節内部での炎症が続いているから水が溜まり続けるのです。

 

つまり、関節内部の炎症を鎮静化させる必要があります。

 

これには適切な対応が必要になります。

 

 

まずは関節にかかる負担を減らす(安静)必要があります。

 

熱を持っている場合にはアイシングも必要です。

 

ここまでは自分自身でもすぐに出来ます。

 

しかしこれだけでは不十分なことがよくあるので関節ストレッチや振り子運動をみやび整骨院では行っています。

 

さらに、抗炎症作用のある超音波(オステオトロン)やハイボルテージ(電気)を用いて効率を高めます。

 

これらを付加することにより炎症が収まりやすくなって、関節水腫が吸収されやすくなります。

 

もちろん、著明に溜まっていて痛みが生じている時には抜くことが必要になる場合もあります。

 

 

ですが、「膝の水が溜まる=水を抜く」ではないことを覚えておいてくださいね!

 

 

明石市東二見 みやび整骨院 院長 立花毅