MENU TEL

Blog記事一覧 > 骨折 > 橈骨遠位端骨折

橈骨遠位端骨折

2016.02.23 | Category: 骨折

こんにちは!髙橋です!

 

今日のブログは、当院受付スタッフの西尾さんの怪我について。

彼女は先日21日にスノーボードへ行き転倒した際に右手をついて右手首を負傷しました。

その後も、状態がひどいと感じながらもスノーボードを続けていたようで、みるみるうちに手を動かす事もできなくなり、激烈な痛みに泣いたようです。

その夜に、私に連絡してきて翌朝一番に診察いたしました。

その結果、本人が言う「ただの捻挫」・・・

では無く、明らかに骨折特有の症状を確認する事が出来ましたので、

確認のために、エコーで確認しました。

US-CR比較

このように橈骨の末端に骨折線をすぐに確認しました。

また、今回の受傷機転から手首でもう一つ考え無いといけない症状として「舟状骨骨折」があると考え、

理学所見を取り、圧痛は確認したのですが複雑な骨の配列や形状、また腫れによるエコーの不鮮明さにより

確証を得るような画像が確認できませんでした。

しかし、橈骨には骨折があると考え応急処置として先ず、

アイシングし、その後「ギプス」を作成ししっかりと固定いたしました。

IMG_0228   →→→   IMG_0229

その後、いつも紹介や勉強会などでお世話になっております「大久保病院」の整形外科部長ドクターへ紹介状を書き、その足で受診していただく事としました。

 

その結果、やはり「橈骨遠位端骨折」と診断。

私が考えた、もう一つの骨折は幸い確認されず一安心でしたが、

これから当院で「オステオトロン」を使い早期治癒にむけて毎日治療していきます。

IMG_6740

またご報告致します。

 

当院では、日頃ご紹介しております「姿勢改善」や冷え性、頭痛などの体質改善だけではなく「外傷(けが)」に対する処置きっちりと対応できるように日々の診療に備えております。

 

みやび整骨院 髙橋敏明

 

当院へのアクセス情報

みやび整骨院

所在地〒674-0092
兵庫県明石市二見町東二見795-1
サンシャイン寺西1-101
駐車場6台あり
電話番号078-939-2971
休診日木曜午後
土曜午後
日曜・祝祭日
院長立花 毅

明石,交通事故治療