MENU TEL

頭痛

はじめに

頭痛という症状は、日本人の約3000万人のうち3~4人に1人が感じたことのある症状だと言われるほど有名な症状であります。
頭痛には一次性頭痛と二次性頭痛という分類があり、簡単に言うと心配のない頭痛か、生命の危険がある危ない頭痛とに分けられます。

一次性頭痛

心配のない頭痛の分類で、その中でも細かく分けて「緊張性頭痛」「片頭痛」「群発性頭痛」にわけられます。心配のないと言う理由は何かしらの病気による頭痛ではないという事です。
その一次性頭痛の中で約70~80%が「緊張性頭痛」で、続いて「片頭痛」となり、「群発性頭痛」は約1%程度だと言われております。

緊張性頭痛

原因 主に身体的・精神的ストレスです。
身体的ストレスには、無理な姿勢・眼の酷使など、特に眼や肩などにストレスが集中してかかると周囲の筋肉が緊張して血行が悪くなり、疲労物質などがたまってしまい周囲の神経を刺激し、頭痛を発症すると考えられております。
デスクワークが長く続く方では、特に長時間同姿勢になり、続けてモニターなどに向かって作業をしてしまう為、特に頭痛の原因となり易いと考えられます。
精神的ストレスには、不安・悩み・心配などを抱えることなどによって自律神経が正常に機能しなくなると、筋肉が緊張していなくても頭痛を訴えることがあるとも考えられています。
特徴 マッサージや入浴などで、血流を改善した時には症状が軽快します。

片頭痛

原因 脳の血管が何らかの原因で拡張するために、血管のまわりの神経が刺激されて起こる頭痛です。
ストレスから開放されたときや、疲労、睡眠不足、寝過ぎ、ホルモンの異常、アルコールを摂取する事などによって血管が拡張します。片頭痛の強い時期には、ガンガンとした耐えられない頭痛となります。
人によって様々ですが、ストレスも原因のひとつです。ストレス中は血管が収縮しているため、頭痛が起りませんが、ストレスから開放されたときに血管が急激に拡張しその刺激のため、片頭痛が起こります。女性ホルモンの変化(生理の前後はホルモンが急激に変化するために片頭痛が起ります)も片頭痛の引き金となります。
要するに血管を普段から拡張している状態(リラックスしている、ストレスの無い)にしておく事が大切です。
まだ、薬を飲み続けますか?それとも体質改善に取り組んでいきますか?
特徴 女性に多い頭痛で男性の4倍程、頻度は月に1~2回、多いときで週に1回程度、発作的に繰り返して起こります。持続は、4~72時間持続し、頭痛の部位は、頭の片側のこめかみから眼のあたりに起こり、両側や、後頭部が痛む片頭痛もありますがひどくなると頭全体が痛みます。脈打つようにズキンズキンと痛み、ひどくなると拍動感がなくなり持続的な痛みとなります。
☆マッサージや入浴などで、血流量を増やすと症状が強くる事があります。これが緊張型頭痛と違うところです!
片頭痛の最中は光や音に過敏になり、まわりの音や声がガンガンと頭に響きますので、発作中は暗い静かな環境が望ましいです。
前兆で多いのが、「閃輝暗点」といわれるものです。視界にチカチカした光「閃輝」が現れ、これが拡大していくにつれて元のところは見えにくくなり暗点となります。前兆は、頭痛発現前60分以内に起こり、普通20~30分程度続きます。前兆のときには頭痛がありませんが、前兆が終わると激しい頭痛に襲われます。

群発性頭痛

特徴 群発頭痛の特徴は1年から3~4年に数回程度、1か月から3か月に渡る「群発期」に毎日のように決まった時間に発症する場合が多いです。症状は、いろいろある頭痛の中でもかなり症状の強い場合が多く、実際この症状を体験した人は「眼の奥をキリで刺されたような」とか「眼を抉り取られるような」などといった表現をするほどの痛みがあります。原因はよく分かっていませんが、この頭痛も目の奥の血管が拡張しその刺激で頭痛が出現します。

二次性頭痛

心配しなければならない理由は、何らかの病気による症状だという事です。
例えば、「頭のケガ」「脳出血・脳腫瘍」「感染」「高血圧」「顎関節症」などによって頭痛が起こります。
さらに一次性頭痛が原因であったとしても鎮痛剤を大量また、常用した結果、脳が痛みに敏感になり薬が切れると頭痛が発生する「薬物乱用頭痛」があります。
注意しなければならない状態としては

  • 突然の頭痛
  • 今まで経験したことがない頭痛
  • いつもと様子の異なる頭痛
  • 頻度と程度が増していく頭痛

など・・・このような頭痛がある方は一度医師の診察を受けることをおすすめします。

施術

加古川市や播磨町、明石市の東二見駅から近いみやび整骨院での治療は、頭痛に特化した専門コースをご用意しております。

治療で大切なのは、滞ってしまった血流を改善してあげる事により、筋肉を弛緩させてあげる事です。また、あらゆるストレスによって高ぶった交感神経優位な状態を副交感神経優位な状態にもどしてあげる事が大切です。

加古川市や播磨町、明石市の東二見駅から近いみやび整骨院では、今ある頭痛に対しても即効性のある頭痛専門施術やカイロプラクティック+マッサージで症状の緩和を目指せます。

さらに頭痛の出難い体質作りへのご指導、ご提案も行っております。ほとんどの方が常用しておられる頭痛薬の乱用は実は頭痛を慢性化していると言っても過言ではありません。ほとんどの痛み止めの薬には交感神経を高める作用のある成分が入っています。これを乱用しているとどういう事が身体に起こってくるかはもうお分かりですよね?最近では頭痛薬をドラッグストア等で安易に手に入れる事が出来る様になり、使用する方が増加しているように思います。頭痛が出る前に予防的に飲むという方がいるとも聞きます。その時は痛みが改善して楽になるでしょうが、その場しのぎにすぎません。人工的に作られた化学物質で改善するよりも人間の本来持っている自然治癒能力で改善を目指す方が良いと思いませんか?加古川市や播磨町、明石市の東二見駅から近いみやび整骨院の頭痛治療により薬を使わなくなった、頻度が減った患者さんはたくさんおられます。薬から解放を目指しましょう。今までずっと頭痛に悩まされてきた方、ぜひ一度加古川市や播磨町、明石市の東二見駅から近いみやび整骨院へご相談下さい。

明石,交通事故治療

明石,交通事故治療

当院へのアクセス情報

みやび整骨院

所在地〒674-0092
兵庫県明石市二見町東二見795-1
サンシャイン寺西1-101
駐車場6台あり
電話番号078-939-2971
休診日木曜午後
土曜午後
日曜・祝祭日
院長立花 毅

明石,交通事故治療