MENU TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 膝の痛みの記事一覧

膝の怪我(膝蓋骨骨折)

2018.07.06 | Category: 膝の痛み,骨折

みなさんこんにちは!

ランナーケア・サポートを得意とするみやび整骨院です!

 

今日は膝の怪我シリーズ、膝蓋骨骨折(しつがいこつこっせつ)について実際の症例をもとに紹介したいと思います。

 

 

まず、膝蓋骨とは膝のお皿の骨のことを指します。

(下図、赤丸内が膝蓋骨です。)

膝蓋骨は膝の屈伸運動の要でありとても重要な働きを担っています。

 

もし膝蓋骨が機能しなくなると、スムースな膝の屈伸運動が出来なくなって日常生活に多大な支障をきたすことは間違いありません。

 

 

70代のIさんは屋外を歩行中に誤って転倒し、膝を地面に打ち付けてしまいました。

 

直後はあまり痛くなかったようなのですが、痛みがだんだん強くなると同時に膝がパンパンに腫れあがってきたのでみやび整骨院にご来院下さいました。

 

まともに歩くことも困難で足を引きずってこられたので、これはただ事でないなと思えるほどでした。

 

膝を見ると

ご覧の通り、パンパンに腫れ上がっていますね。

(少し赤いのはアイシングの後に撮影したからです)

 

そして膝のどこが痛いかを尋ねるとお皿の当たりを指さされました。

 

お皿を押さえるとズキッとする痛みが走る場所が局所的に診られていました。(限局性圧痛:骨折の判断基準となります)

 

動きも膝を深く曲げることが出来ません。

 

 

エコー検査を行うと

膝蓋骨の断面画像ですが、左側の骨の形状が明らかに異常なのが一目でわかりますね。

別アングルから見ても、左側の骨の局面に割れ目があるのが分かります。

 

パンパンに腫れ上がっている部分を観察すると

血腫と思われる液体が貯留しているのが分かります。

通常であればこのような感じで描出されるので、異常は明らかですね。

 

 

以上の

・怪我をした状況

・膝蓋骨の痛みの状態(限局的な圧痛)

・骨の不正像

・関節内の体液の貯留

より膝蓋骨の骨折を疑ったので近くの整形外科へ紹介状を作成し、松葉杖を貸し出して、そのまま受診して頂きました。

 

その後、整形外科より返信があり、検査の結果「膝蓋骨骨折」の診断でした。

 

幸い転位が少なかったようで手術をせずに経過を診ていくとの事でしたが、1~2ヶ月の固定を指示されているようです。

 

現在も釣りへ行くなど、とても活発なIさんだっただけに身体がなまってしまわないか心配です。

 

ですが、骨折を疑って対診し、見立て通りの診断であったことはIさんにとって良かったのではないかと思います。

 

もし仮に、適切な対応が出来ずに骨折を見逃し、後遺症を残してしまっていたらIさんはどうなっていたでしょうか。

 

とても辛い思いをされることになっていたと思います。

 

小さな怪我であったとしても常に疑いを持つことを心掛けながら今後も日々の診療に当たっていきたいと思います!

 

 

明石市二見町東二見 みやび整骨院 立花毅

ランナー膝の原因その3

2018.06.15 | Category: スポーツ障害,ハイボルテージ,ランニング障害,筋膜リリース,膝の痛み

みなさんこんにちは!

ランナーケア・サポートを得意とするみやび整骨院です!

 

ランナー膝の原因シリーズ第三弾です!

バックナンバーはコチラから↓↓↓

第1弾

http://miyabi-no-1.com/post/post-5432

第2弾

http://miyabi-no-1.com/post/post-5440

 

 

今回は「過度の疲労・負担の蓄積~クールダウンの不足~」についてお話します。

 

ランナー膝でお困りの方、ランニング後のクールダウンはバッチリでしょうか?

 

問題ない!という方は読まなくても大丈夫ですが、胸を張って大丈夫と言えない方はこのまま読み進めて下さい。

 

 

 

まず、クールダウンの目的ですが、

 

一番は疲労回復の促進です。

 

筋肉痛が起こっている場合はその緩和も期待できます。

 

ですから、クールダウンを行わない理由はありません。

 

 

その方法は多種多様なのですが、今回はストレッチに的を絞りたいと思います。

 

みなさんは、最低限ストレッチを行っていますか?

 

行っていないという方はストレッチからでも始めましょう。

 

ストレッチを行うだけでもランニング後の疲労感は全然変わってきます!

 

ただし、そのやり方に少しコツがあります。

 

ただやるだけでは効率が悪いので一つ守ってほしいことがあります。

 

 

下半身の筋肉であれば一回当たり30秒かけてストレッチしましょう。

 

そしてそれを3~4セット行って下さい。

 

たったこれだけでストレッチの質はかなり上がりますし、体感としても効果を実感してもらえるはずです!

 

どこを伸ばすかは人それぞれ変わってきたりするのですが、最低限

 

・殿筋(大殿筋、中殿筋、梨状筋)

・大腿四頭筋

・大腿筋膜張筋

・ハムストリングス

・下腿三頭筋

 

この5つの筋肉はストレッチするようにしましょう。

 

ケアあってのランニングです。

 

ケガをしない為にもクールダウンはきっちり行いましょう!

 

 

明石市二見町東二見 みやび整骨院 立花毅

ランナー膝の原因その2

2018.06.01 | Category: スポーツ障害,ランニング障害,膝の痛み,足の痛み

みなさんこんにちは!

 

ランナーケア・サポートを得意とするみやび整骨院です!

 

 

今日もランナー膝の原因をお伝えします。

「ランナー膝の原因その1」をお見逃しの方は

コチラからご覧ください↓↓↓

http://miyabi-no-1.com/post/post-5432

 

 

 

今回は「アライメント異常」についてご紹介します。

 

アライメントとは骨の配列のことを言います。

 

ランナー膝の場合、足部のアライメント異常がとても重要視されます。

 

代表的なものが回内足です。

 

 

上の写真は実際の患者さんの足の形状ですが、脚のラインとかかとのラインがくの字になっているのが分かります。

 

これが回内足です。

 

 

このような形状のままで走るとどうなるでしょうか?

 

 

極端な再現ですが、上図のように膝が内に入りやすくなり太ももの外側(腸脛靭帯)にかなりの負担がかかってしまいます。

 

なかなか良くならないランナー膝に回内足が関連しているかもしれません。

 

 

一度ご自身の足を確認してみて下さい。

 

 

もしランナー膝にお悩みで、足のアライメントが回内足になってしまっていた場合はみやび整骨院にご相談ください!

 

 

具体的な解決策をお教えします。

 

 

次回、ランナー膝の原因その3に続きます!!

 

 

 

明石市二見町東二見 みやび整骨院 立花毅

ランナー膝の原因その1

2018.05.25 | Category: スポーツ障害,ランニング障害,膝の痛み,足の痛み

みなさんこんにちは!

ランナーケア・サポートを得意とするみやび整骨院です!

 

今日はランナー膝の原因について書いていきたいと思います。

 

 

ランナー膝とはランニングによって起こる膝の痛みを指し、代表的なものが膝の外側が痛む腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)です。

 

 

その原因は多数考えられていますが、その一つに「ウォーミングアップ不足」があります。

 

 

ランナー膝にお悩みの方、心当たりはありませんか?

 

 

ウォーミングアップは身体を温めることだけが目的ではありません。

 

 

身体を効率よく動かせるように行うのが本来の目的です。

 

 

ですから、ただジョギングをして体操をするだけでは不十分なのです。

 

 

そこで私はダイナミックストレッチを推奨しております。

 

 

ダイナミックストレッチとは、身体を動かしながら筋肉をストレッチする方法です。

 

 

一般的な静的ストレッチ(スタティックストレッチ)を長々とランニング前にやってしまうと逆に筋出力(筋肉が発揮する力)が低下すると言われていますので、ウォーミングアップ時には本来向いていません。

 

 

しかしスタティックストレッチはクールダウン時には疲労回復に最適ですので、これらの使い分けが非常に大切です。

 

 

ダイナミックストレッチを知らなかった方はコチラを参考にしてみて下さい↓↓

https://youtu.be/WvSwaciuLJk

 

ウォーミングアップを満足に行っていなかった方は実践してみて下さい。

 

 

ちょっとしたことですが変化がみられるかもしれません。

 

 

次回、ランナー膝の原因その2につづく

 

 

 

明石市二見町東二見 みやび整骨院 立花毅

 

 

明石市二見町でランナー膝でお悩みの方へ

2018.04.17 | Category: スポーツ障害,ハイボルテージ,ランニング障害,筋膜リリース,膝の痛み,足の痛み

こんにちは!

ランナーケア・サポートを得意とするみやび整骨院です!

 

今日はランナーの方にお悩みが多い「ランナー膝」に関してです。

 

長距離走を専門にしている方では一度は経験したことのある疾患ではないでしょうか?

 

 

ランナー膝とは一般的に膝の外側の痛み、すなわち腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)の事を指しますが、ランナーの方に多い膝の悩みはそれだけではありません。

 

膝の前側の痛みである膝蓋靭帯炎(しつがいじんたいえん)や膝の内側の痛みの鵞足炎(がそくえん)と言われる病態もよくあります。

↑膝蓋靭帯炎

↑鵞足炎

 

 

ですから一概にランナー膝=腸脛靭帯炎という解釈はよくないと考えます。

 

 

どこが痛いのかをしっかりと評価しなくてはいけません。

 

 

さらにランナー膝を根本的に改善するためにはその原因を追究しなくてはいけません。

 

 

トレーニングの強度は的確か?

トレーニングの頻度に問題がないか?

トレーニング環境は最適か?

シューズに問題はないか?

骨アライメントに問題はないか?

筋肉のバランスに問題はないか?

ランニングフォームに問題はないか?

 

などなど詳細な評価をしなくてはいけません。

 

痛み自体は一定期間安静にすれば治まることが多いです。

 

しかしこれでは問題が解決したことには程遠いです。

 

結局はまた繰り返します。

 

 

ランニング障害、ランナー膝にお悩みでしっかりと改善していきたいとお考えの方は一度ご相談ください。

 

お役に立てるはずです。

 

 

 

明石市東二見 みやび整骨院 立花毅

 

 

 

明石市で膝の痛みで正座が出来ない方へ

2018.03.30 | Category: 本当の原因,筋膜リリース,膝の痛み

みなさんこんにちは!

ランナーケア・サポートを得意とするみやび整骨院、院長の立花です!

 

 

先日のエピソードです。

 

姫路で祖母の四十九日がありまして、親戚一同が集いました。

 

その時に義兄が「急に膝が痛くなって正座が出来ひんねん」と言っていました。

 

年齢はまだ40代前半と若く、関節云々の問題と言うには早いですし、明らかな原因がなかったので筋肉が影響してるんじゃないかなぁとパッと思いました。

 

空き時間に、是非診させてください!という事で評価をするとどうもお尻の筋肉が影響して正座が困難になっている様子でした。

 

原因部位がある程度把握出来たら、後は徹底的に緩めるだけ。

 

感触的に緩んできたところでもう一度正座。

 

 

すると問題なく正座が可能に!!

 

これには義兄も思わず「これは流行るわ」と一言。

 

筋膜リリースの効果を実感してもらえました。

 

評価から結果まで5分ぐらいでしょうか?

 

短時間の変化にも驚いていました。

 

その後、お尻の筋肉のセルフケアを指導して任務完了です。

 

聞くと、仕事はデスクワークで大半が座っているとの事。

 

お尻に多大なる負荷が蓄積していたのでしょう。(もちろんお尻の筋肉だけではありませんが。)

 

 

みなさんも何の誘因もなく突然に正座が出来なくなったことはありませんか?

 

明かな原因がない場合、それは筋肉にあるかもしれません。

 

注射や痛み止めに頼る前に一度筋膜リリースを受けて頂くことをおススメ致します!!

 

 

明石市東二見 みやび整骨院 立花毅

 

明石市でスポーツをしていて膝の内側に痛みがある方へ

2018.03.16 | Category: スポーツ障害,ハイボルテージ,筋膜リリース,膝の痛み

みなさんこんにちは!

ランナーケア・サポートを得意とするみやび整骨院、院長の立花です!

 

 

みなさんは、スポーツをしていて膝の内側が痛くなった経験はないでしょうか?

 

その場合「鵞足炎(がそくえん)」と言われる病態かもしれません。

 

鵞足炎は長距離ランナーの方に比較的多くみられる疾患のひとつです。

 

鵞足とは膝の内側を走行する縫工筋、薄筋、半腱様筋の3つの腱が鵞鳥(ガチョウ)の足に似ていることから名付けられています。(下図)

 

 

ランニングなどの度重なる負荷によって上図の赤丸部分で炎症が起こり痛みを引き起こすことがあります。

 

明石市二見町在住のUさんはジョギング、テニスをしている際に同部に痛みを感じて来院されました。

 

 

 

よく見ると左膝の内側が少し腫れているように見えますね。

 

しゃがむと痛みを有し、赤丸部分には圧痛(押さえると痛い)もみられていました。

 

エコーにて観察すると、圧痛部分に一致して炎症反応もみられていました。

 

 

話を聞いていると、ここ最近テニスの打ち方を少し変えたとの事で左膝にかなりの負担がかかっていたようでした。

 

さらに足の形状(アライメント)を評価すると、回内足を呈していました。(下図)

 

 

こういった形状が膝の内側への負担に拍車をかけた可能性があります。

 

 

Uさんには運動の休止をしてもらい、筋膜リリースとハイボルテージの治療に専念してもらいました。

 

治療を開始してから2週間。

 

 

患部の圧痛は消失し、エコー検査でも炎症反応がみられなくなっていました。

 

しゃがんだ時の痛みは少し残存していますが、ピーク時の半分以下にはなっているようです。

 

 

今後は状況をみながら徐々に運動復帰をしていただく予定にしています。

 

ここで焦ってはいけないのがケガの重要ポイントです。

 

過去にもありましたが、自覚的な痛みがなくなったからと言って自己判断で競技復帰をして再負傷。。。

 

元も子もありませんね。

 

自覚的な痛みと患部の状況はタイムラグがあります。

 

そのことを忘れてはいけません。

 

Uさんにもそれはしっかりと伝えています。

 

痛みがなくなり、患部の状況も良くなって運動復帰が出来るまでサポートをさせていただきたいと思っています!

 

膝の内側の痛みでお困りの方、スポーツによるケガでお困りの方はご相談ください。

 

 

明石市東二見 みやび整骨院 立花毅

明石市で膝に水が溜まってお困りの方へ

2018.03.09 | Category: オステオトロン,ハイボルテージ,膝の痛み

みなさんこんにちは!

 

ランナーケア・サポートを得意とするみやび整骨院、院長の立花です。

 

 

みなさん、膝に水がたまった経験はないでしょうか?

 

今日はなぜ膝に水が溜まるのかをお伝えしたいと思います。

 

 

膝の水は医学的に「関節水腫(かんせつすいしゅ)」と言われています。

 

関節水腫の原因は基本的には関節内部での炎症です。

 

↑実際の膝関節水腫のエコー画像です。

赤丸内の黒い部分が水です。

 

 

ご高齢者の関節水腫の原因疾患としては変形性膝関節症が挙げられます。

 

スポーツをやっている方に多いのが半月板の損傷によるものです。

 

 

よく「膝の水を抜くとクセになるから抜かない方がいい」と言われたり、聞いたりしますが

 

これは厳密にいうと間違いです。

 

クセになっているのではなく、関節内部での炎症が続いているから水が溜まり続けるのです。

 

つまり、関節内部の炎症を鎮静化させる必要があります。

 

これには適切な対応が必要になります。

 

 

まずは関節にかかる負担を減らす(安静)必要があります。

 

熱を持っている場合にはアイシングも必要です。

 

ここまでは自分自身でもすぐに出来ます。

 

しかしこれだけでは不十分なことがよくあるので関節ストレッチや振り子運動をみやび整骨院では行っています。

 

さらに、抗炎症作用のある超音波(オステオトロン)やハイボルテージ(電気)を用いて効率を高めます。

 

これらを付加することにより炎症が収まりやすくなって、関節水腫が吸収されやすくなります。

 

もちろん、著明に溜まっていて痛みが生じている時には抜くことが必要になる場合もあります。

 

 

ですが、「膝の水が溜まる=水を抜く」ではないことを覚えておいてくださいね!

 

 

明石市東二見 みやび整骨院 院長 立花毅

膝の痛みが驚くほど良くなりました!

2016.05.24 | Category: 膝の痛み

こんにちは!高橋敏明です!

今日は、当院の治療実績をご紹介させていただきます!

膝の痛みで近医(整形外科)に通院されていましたが、注射と痛み止めの薬の治療で効果が切れたらまた痛むという状況が2年半も続いていたようでした。

 

当院にご相談いただいた際も、

理学所見が押しても痛いし、ストレスをかけても痛い、

階段の昇り降り、座位からの立ち上がり、しゃがみ込みに痛みがあり、苦痛な毎日を過ごされていたようでした。また仕事で長時間の立ち仕事をしており、日々膝にかかる負担も大きくなかなか治らないといった状態でした。

 

当院では、オステオトロンや手技療法にて2ヶ月間しっかり診させて頂きました、治療はもちろんですが日々のトレーニングもしっかり指導させて頂ました!

 

現在は、全く痛みも無く日常生活を送ることが出来るようになっていると大変喜んで頂き、「こんなに痛みが早くに良くなって驚いています!」と仰って頂き、ハッピーボードに感想を頂き今日で治療からの卒業とさせて頂きました!

image

☆変形性ひざ関節症【明石市 みやび鍼灸整骨院】

2015.09.07 | Category: 膝の痛み

皆さん、こんばんは!

先日、剪定中に膝を痛められ来院された患者様が来院されました。

脚立の上で身体を捻ったり、膝を捻ったりと長時間酷使していたようです。

もちろん一回のそのようなきっかけだけで損傷しただけではなく、

年齢的にも膝関節自体が傷んできていたのだと考えられます。

 

そう、変形性膝関節症です。

半月板や関節軟骨が長年の摩擦や負担により少しずつ磨耗してきている状態です。

軟骨が磨り減り、骨同士が棘のようなものを作ってしまうような状態になり、関節に炎症が起こりやすくなってしまう病気であります。

 

今回のような日常のふとした行動でも炎症を起こしてしまいます。

当院でのこのような症状に対する治療は、

1、オステオトロン

2、手技療法

3、鍼灸施術

4、筋トレ指導

5、ストレッチ指導

 

このように、いろいろな方法で痛みに対しての治療や、痛みの原因となっている筋力低下に対してもご指導させていただいております。

多くの方に、「長年の膝の痛みから解放された」と喜びのお声を頂いております。

「病院では湿布と薬だけ」とか、

「病院では電気をあてるだけ」

などといったことでなかなか治らないままずるずる通院されていた方々も大勢みてきました。

このようなお困りをお持ちの方がご家族やご友人、お知り合いにいらっしゃいましたら是非ご紹介くださいませ!

 

みやび整骨院 高橋敏明

明石,交通事故治療

明石,交通事故治療

当院へのアクセス情報

みやび整骨院

所在地〒674-0092
兵庫県明石市二見町東二見795-1
サンシャイン寺西1-101
駐車場6台あり
電話番号078-939-2971
休診日木曜午後
土曜午後
日曜・祝祭日
院長立花 毅

明石,交通事故治療