MENU TEL

Blog記事一覧 > スポーツ障害,ハイボルテージ,筋膜リリース,膝の痛み > 明石市でスポーツをしていて膝の内側に痛みがある方へ

明石市でスポーツをしていて膝の内側に痛みがある方へ

2018.03.16 | Category: スポーツ障害,ハイボルテージ,筋膜リリース,膝の痛み

みなさんこんにちは!

ランナーケア・サポートを得意とするみやび整骨院、院長の立花です!

 

 

みなさんは、スポーツをしていて膝の内側が痛くなった経験はないでしょうか?

 

その場合「鵞足炎(がそくえん)」と言われる病態かもしれません。

 

鵞足炎は長距離ランナーの方に比較的多くみられる疾患のひとつです。

 

鵞足とは膝の内側を走行する縫工筋、薄筋、半腱様筋の3つの腱が鵞鳥(ガチョウ)の足に似ていることから名付けられています。(下図)

 

 

ランニングなどの度重なる負荷によって上図の赤丸部分で炎症が起こり痛みを引き起こすことがあります。

 

明石市二見町在住のUさんはジョギング、テニスをしている際に同部に痛みを感じて来院されました。

 

 

 

よく見ると左膝の内側が少し腫れているように見えますね。

 

しゃがむと痛みを有し、赤丸部分には圧痛(押さえると痛い)もみられていました。

 

エコーにて観察すると、圧痛部分に一致して炎症反応もみられていました。

 

 

話を聞いていると、ここ最近テニスの打ち方を少し変えたとの事で左膝にかなりの負担がかかっていたようでした。

 

さらに足の形状(アライメント)を評価すると、回内足を呈していました。(下図)

 

 

こういった形状が膝の内側への負担に拍車をかけた可能性があります。

 

 

Uさんには運動の休止をしてもらい、筋膜リリースとハイボルテージの治療に専念してもらいました。

 

治療を開始してから2週間。

 

 

患部の圧痛は消失し、エコー検査でも炎症反応がみられなくなっていました。

 

しゃがんだ時の痛みは少し残存していますが、ピーク時の半分以下にはなっているようです。

 

 

今後は状況をみながら徐々に運動復帰をしていただく予定にしています。

 

ここで焦ってはいけないのがケガの重要ポイントです。

 

過去にもありましたが、自覚的な痛みがなくなったからと言って自己判断で競技復帰をして再負傷。。。

 

元も子もありませんね。

 

自覚的な痛みと患部の状況はタイムラグがあります。

 

そのことを忘れてはいけません。

 

Uさんにもそれはしっかりと伝えています。

 

痛みがなくなり、患部の状況も良くなって運動復帰が出来るまでサポートをさせていただきたいと思っています!

 

膝の内側の痛みでお困りの方、スポーツによるケガでお困りの方はご相談ください。

 

 

明石市東二見 みやび整骨院 立花毅

明石,交通事故治療

明石,交通事故治療

当院へのアクセス情報

みやび整骨院

所在地〒674-0092
兵庫県明石市二見町東二見795-1
サンシャイン寺西1-101
駐車場6台あり
電話番号078-939-2971
休診日木曜午後
土曜午後
日曜・祝祭日
院長立花 毅

明石,交通事故治療