MENU TEL

Blog記事一覧 > スポーツ障害 > スポーツ外傷その1 肉離れの処置

スポーツ外傷その1 肉離れの処置

2017.04.08 | Category: スポーツ障害

皆さんこんばんは!

ランナーケア・サポートを得意とする明石市東二見のみやび整骨院、院長の立花です。

 

長期間更新が途絶えていました・・・。

 

いつもご覧いただいている方、申し訳ございませんでしたm(__)m

 

 

 

早速ですが、最近「ケガ」が続出しています。

 

3月末からの約2週間で太ももの肉離れがなんと3件!

 

いずれもスポーツ中のケガです。

 

その中でも最もひどかった症例をご紹介します。

 

 

サッカーの試合中、接触プレーで脚を踏ん張った際に急に痛みが走って負傷したTさん。

 

瞬時に肉離れと分かったそうです。

 

ケガから2日後に来院くださいました。

 

×印周辺に強い痛みがあり、写真のように内出血が起こっていました。

 

腫れも強くエコーを撮ってみても筋肉の損傷は明らかでした。

 

↑左側がケガ側です。

 

グレーのモヤモヤした部分が大部分を占めています。

 

これが出血を表しています。

 

結構な出血量であることが分かります。

 

翌日には・・・

 

かなりの量です(^^;

 

 

肉離れをしたときに大切なことがあります。

 

それは早急に患部を冷やすこと。

 

いわゆるアイシングです。

 

受傷直後からアイシングをすることで炎症を抑える効果が期待できます!

 

すぐに氷水で冷やすようにしましょう。

 

ただし、注意点があります。

 

炎症が治まっているのにアイシングをするのは回復を遅らせてしまうので、患部の状態を診ながら判断するようにしましょう。

目安は3日(72時間)です。

 

もう1つは患部の圧迫です。

 

これをしていない人は多いのではないでしょうか?

 

患部を圧迫することで必要以上の腫れを抑えたり、組織の修復を促進させる効果が期待できます。

 

アイシングとともに患部の圧迫も頭に入れておきましょう!

 

 

これからの時期、陸上競技や野球といった屋外スポーツが盛んになってきます。

 

しかしケガをしてしまってはベストパフォーマンスが出来ないだけでなく、スポーツの一番の醍醐味である「楽しんでやる」ことが出来ません。

 

ケガはしっかりと対策していれば防げるものです。

 

まずはしっかりとウォーミングアップをする!

 

そしてアフターケアまできちんとする!

 

この2つを徹底するだけでも怪我のリスクは格段に減らせます。

 

今日からさっそく実践していきましょう!!

 

 

明石市 東二見 みやび整骨院 立花毅

明石,交通事故治療

明石,交通事故治療

当院へのアクセス情報

みやび整骨院

所在地〒674-0092
兵庫県明石市二見町東二見795-1
サンシャイン寺西1-101
駐車場6台あり
電話番号078-939-2971
休診日木曜午後
土曜午後
日曜・祝祭日
院長立花 毅

明石,交通事故治療