MENU TEL

Blog記事一覧 > 肉離れ > 受験2週間前にひどい肉離れ・・・間に合った!!

受験2週間前にひどい肉離れ・・・間に合った!!

2017.03.03 | Category: 肉離れ

皆さんこんにちは!

 

陸上競技が大好き!みやび整骨院の院長立花です(^^)/

 

今日は「肉離れ」をしてしまった学生さんの症例を報告したいと思います。

 

 

2月のとある日。

 

お世話になっている、高校の先生から一本の電話。

 

内容は「3年生の女子生徒が膝裏辺りをバレーの練習中に傷めたから診てくれないか?」という事でした。

 

お昼の休診中でしたが、緊急を要していたのですぐに診察の準備!

 

いろんなことを想定して、ギプスや包帯、松葉杖などをすぐ出せるように配置。

 

 

そして数10分後、先生に付き添われて来院しました。

 

見た瞬間に左脚を引きずっていたので軽いけがではないだろうなという印象を受けました。

 

 

診察を始めるとまず左の膝が完全に伸ばしきれない状況でした。

 

怪我の発生状況は、

「マット運動の側転などで患部に違和感を感じ始め、バレーの練習でジャンプをして着地した時に急に強烈な痛みが走った」

という事でした。

 

うつ伏せになってもらって痛みのある所を確認すると・・・

 

上の図の✖印の部分に強い圧痛(少し押すだけで激痛)があり、周囲には内出血がみられていました。

 

その瞬間肉離れだろうと確信しました。

 

患部をエコーで観察してみると・・・

 

赤丸部分に明らかな異常が描出されました。

 

健側と比べると明らかに違いますね(>_<)

患部は腫れ上がり、筋線維は断裂し、炎症も強く起こってしまっているのが一目でわかりました。

 

すぐにアイシングを開始し、話を聞いていると

 

なんと!2週間後に大学の受験があるとの事(^^;

 

しかも体育系の大学で実技試験しかないとの事・・・

 

怪我の状況はおそらく肉離れの中でも中等度ぐらいの損傷状況であるだろうと判断していたので、2週間での復帰は絶望的かもしれないと正直その時は思いました。

 

しかし、彼女のためにもやれるだけの事を精一杯やるしかありません!

 

 

処置としては患部とその周囲にハイボルトを照射。痛みの緩和と治癒促進を促しました。

 

直後、少し痛みは低下し歩くのも少し楽になったようでした。

 

そして患部には圧迫のための専用のバンテージを用いて固定しました。

 

 

その日からは毎日頑張って通院してもらい、1週間後。

 

やや痛みは残るものの、軽いジョギングが出来るようにまで回復!!

 

積極的にストレッチや手技なども加えていき、試験の前々日にはほとんど患部の痛みが感じられないほどにまで回復!!!

 

健側と比べるとやはり違和感は感じられるようでしたが、なんとか試験を受けられるぐらいには回復しましたm(__)m

 

お守りにテーピングとその巻き方のプリントを渡し、受験日を迎えました。

 

 

そして

 

受験日の翌々日、彼女から電話があり

「痛み全く無く試験を受けられました!」

との事でした!!!

 

本当に良かった!

 

 

受験前の大きな怪我で一番不安だったのは紛れもなく彼女です。

 

しかし諦めず、私を信用してやや遠方ながらも日程を調節して頑張って通院してくれました。

 

合否の結果が気になるところですが、なにより受験を受けられた事が本当に良かったです!

 

現在は後遺症が残らないようにアプローチ中です(^^)

 

 

 

笑顔の素敵なHさん(*^^*)

 

夢に向かって突き進んでほしいですね!

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

みやび整骨院 院長 立花毅

 

 

明石,交通事故治療

明石,交通事故治療

当院へのアクセス情報

みやび整骨院

所在地〒674-0092
兵庫県明石市二見町東二見795-1
サンシャイン寺西1-101
駐車場6台あり
電話番号078-939-2971
休診日木曜午後
土曜午後
日曜・祝祭日
院長立花 毅

明石,交通事故治療