MENU TEL

Blog記事一覧 > スポーツ障害 > なぜ同じところのケガを繰り返すのか?

なぜ同じところのケガを繰り返すのか?

2017.03.12 | Category: スポーツ障害

みなさんおはようございます!

 

ランニング障害に対するサポート・ケアを得意とするみやび整骨院、院長の立花です!

 

いつもお読みいただき本当にありがとうございますm(__)m

 

今日は良くある相談の中から「なぜ同じところのケガを繰り返すのか」についてお話したいと思います。

 

 

結論から言います!!

 

同じところのケガを繰り返す原因はズバリ

 

・コンディショニング不足

・動きに問題がある

・アライメント異常

 

このどれかにあると私は思います。

 

コンディショニング不足から簡単に説明しますと、

ここでも二つに分かれます。

 

・どこかしらをケガした時に適切な処置を最後までしなかったことによるもの

・体を使う比率がケアよりも上回る、いわゆる負荷の蓄積

 

こうしたものがあるとコンディショニング不足となりケガのリスクが上がります。

 

特に肉離れや捻挫後は適切なリハビリをしないと本来のパフォーマンスは出来なくなると考えても過言ではありません。

 

なぜなら、筋肉や靭帯は大きなケガをすると周囲よりもやや硬い組織(瘢痕組織)で修復されると言われています。

 

本来は柔らかい筋肉や靭帯の一部分にその硬い組織が出来上がってしまうと負荷が集約し、ケガの繰り返しにつながるのです。

 

一般的には「癖になる」と言われていますが、これは適切な処置を怠った結果なのです。

 

少しでもそういったリスクを減らすためにも日頃のコンディショニングは必須といえますね(^^)

 

また、日頃の身体への負荷が過剰に蓄積してしまっていると筋肉は硬くなり、ケガの元です。

 

これはスポーツ以外の部分でもいえることであり、ぎっくり腰などを繰り返している人(年に何回かのペースでぎっくり腰になるなど)は全身の負荷が蓄積している可能性があります。

 

なんでも使いっぱなしはダメですよ!

 

 

次に動きに異常があるについて簡単に説明します。

 

コンディショニングはしっかり出来ているはずなのにそれでも繰り返すってことはよくありますね?

 

コンディショニングの方法に問題があることもありますが、こういう時に動きを評価する事でヒントが見つかることもあります。

 

ランニングを例に説明すると

 

いわゆる腰が落ちた状態で走っていると、大腿四頭筋(太ももの前に筋肉)や下腿三頭筋(ふくらはぎの筋肉)に大きな負担がかかり、膝蓋靭帯炎やオスグッド病、アキレス腱炎が起こりやすくなります。

これらの病態がなかなか改善しない、良くなっては悪くなるを繰り返している人はフォームを一度チェックしてみるのも方法です。

 

 

最後にアライメントの異常についてですが、

 

まずアライメントとは骨の配列のことを指し、O脚やX脚、偏平足や凹足などが挙げられます。

 

アライメント異常があると効率の良い力の分散が出来なくなり、負荷が特定部位に集約してしまいます。

 

よってケガを繰り返すのです。

 

しかしこれは適切なコンディショニングや筋力でカバー出来ることも多いので、出来ることをきっちりやることがポイントです。

 

 

 

ここまでけがを繰り返す3つの原因をお話ししましたが、いかがでしたか?

 

該当する方、心当たりのある方はやはり早期に対処することをお勧めします!

 

なぜなら

 

ケガをしてからでは遅いですからね(>_<)

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

みやび整骨院 院長 立花

 

 

 

明石,交通事故治療

明石,交通事故治療

当院へのアクセス情報

みやび整骨院

所在地〒674-0092
兵庫県明石市二見町東二見795-1
サンシャイン寺西1-101
駐車場6台あり
電話番号078-939-2971
休診日木曜午後
土曜午後
日曜・祝祭日
院長立花 毅

明石,交通事故治療