MENU TEL

Blog記事一覧 > 骨折 > 尻もちにご注意を!~尾骨骨折~

尻もちにご注意を!~尾骨骨折~

2017.02.17 | Category: 骨折

皆さんこんにちは!

紅茶よりコーヒーが好きなみやび整骨院、院長の立花です(^^)/

 

 

今日もケガのお話です!

しかも今回は骨折・・・。

 

尾骨骨折(いわゆる尾てい骨)の方の症例です。

 

 

 

北海道旅行中、雪道を歩いていた時に足を滑らせて転倒し、尻もちをついてしまったTさん。

 

その後も痛みが続くので、相談を受けました。

 

 

歩いたり座ったりするのが痛くて、腰を屈めたりする際にも痛みが起こっていました。

 

痛みは明らかに尾骨上に限局してみられていました。

 

大きな腫れや熱感、内出血などはみられていませんでしたが、この時点で尾骨傷めてるだろうなという予測が出来ました。

 

そしてエコーを撮ってみると・・・

 

 

尾骨長・短軸

(↑左側は縦に割った図、右側は断面図)

パッと見て普通でないと判断できました。

 

Tさんの希望もあって近くの整形外科を受診することに。

 

紹介状をすぐに作成してお渡ししました。

 

帰宅後にすぐに受診して頂け、診断の結果は・・・

 

 

やはり「尾骨骨折」でした。

 

 

翌日からはオステオトロンという低出力の超音波治療器を当てています。

 

このオステオトロン。

 

1日20分の照射で骨折に限っては40%も骨癒合率が上がると言われています!

 

骨折時は当てない他はありません!

 

現在も継続して当てています。

 

痛みは少しずつ低下しているようですが、まだやっぱり座ったり仰向けになった時などは患部が当たって痛いようですね・・・。

 

 

みなさんも尻もちには気をつけましょう!

 

特にウィンタースポーツを好んでいたり、北へ旅行に行かれる方はTさんのように雪や氷で滑って転倒しないようにしてください。

 

転倒した際に手首や腰椎を骨折する事もあります。

 

万が一ケガをしてしまい、普通じゃないなと思ったらすぐに相談して下さい!

 

 

みやび整骨院 院長  立花毅

 

明石,交通事故治療

明石,交通事故治療

当院へのアクセス情報

みやび整骨院

所在地〒674-0092
兵庫県明石市二見町東二見795-1
サンシャイン寺西1-101
駐車場6台あり
電話番号078-939-2971
休診日木曜午後
土曜午後
日曜・祝祭日
院長立花 毅

明石,交通事故治療