MENU TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > 生理痛 【明石市 みやび鍼灸整骨院】

生理痛 【明石市 みやび鍼灸整骨院】

2015.09.17 | Category: 未分類

ブログをご覧の皆様!! こんばんわ☆彡

今回は女性の方限定の・・・『生理痛』です"(-""-)"

仕事の日や、お休みでお出かけの日、旅行の日などに是非ともいなくなって欲しいですよね・・・

ただただ痛いもの、と思っているより少しでも原因や予防方法などの情報を知っておこう!!

 

まず、主な痛みの原因4つを紹介します!!

1:プロスタグランジンが過剰に出る

・生理中に分泌される「プロスタグランジン」という物質の分泌量が多い人です。

 子宮を収縮させ、子宮内膜がはがれるときの出血(経血)をスムーズに体外に出すことに一役買っている物質です。

 これがたくさん出てくると、子宮の収縮が過剰になって陣痛のような痛みの原因になります。

 さらにやっかいなことに、この物質は痛みを強めるなどの作用もあるので、頭痛、肩こり、腰痛、吐き気の原因にもなるのです。

2:子宮の出口がせまい

若い女性や子供を産んだことのない女性に多い原因です。

 経血がスムーズに流れにくいことから痛みを感じます。出産したり、30代以降になったりすると生理痛が弱くなるという人がいるのも、

 子宮の出口が広がるためです。

3:冷え

体が冷えると血液の循環が悪くなります。そうするとプロスタグランジンも骨盤内に滞り、痛みが強くなるのです。

4:ストレス

・ホルモンや自律神経のバランスを崩し、血行を悪くさせます。さらに体温調節の機能なども低下させ、不快な症状を感じやすくさせるのです。

 

思い当たるところはありますか?

2.の出口が狭いというのは、経膣出産を経験した人は軽減されることもあるそうですが、

帝王切開などで経膣出産ができなかった場合は症状が変化されないでしょう・・・

痛くなる前にできることはないか?

予防法には生活習慣も関係あると言いますので、頭の隅にでも置いておいてください♪

 

1.規則正しい生活

生理を引き起こす女性ホルモンの分泌は、生活のリズムの乱れに影響を受けやすいのです。

 分泌が乱れると生理痛を含む様々な生理トラブルの原因になることがあります。規則正しい生活を心がけましょう。

2.冷えに注意

体が冷えると血行が悪くなります。

 素足にミニスカートといったような服装やガードルなど体を締め付ける服装はあまり良くありません。

 お風呂は温めのお湯にゆっくりとつかるようにしましょう。10~15分入っているうちに体の中からポカポカしてくるような温度がいいですね。

3.定期的な運動

運動も有効です。これも血行をよくすることからです。

 ストレッチや歩く程度でも、無理のない範囲で続けることが大切。

 例えば時々は通勤の時に一駅手前で降りて歩くとか、風呂上がりにストレッチをするなどです。

4.食事に気を配る

コーヒーやコーラなどでカフェインや砂糖を取りすぎると、イライラや情緒不安定の原因にも。

 ケーキ、バター、チョコレートなども要注意です。脂肪分の過剰摂取はホルモンの代謝に関わる肝臓の機能低下につながるからです。

 オススメは日本食なのです。

 

普段の生活の中に、改善や予防に繋がることがあるんですね!!

生理痛に限ったことではありませんが、女性にしかない子宮は人を育む場所でもあり、女性だけの心臓みたいなものです。

わずかなサインを見逃さずに対応していきましょう♪

そんな女性を男性の方々は優しくお願いします('◇')ゞ

 

明石市 みやび整骨院 受付 渡邊

明石,交通事故治療

明石,交通事故治療

当院へのアクセス情報

みやび整骨院

所在地〒674-0092
兵庫県明石市二見町東二見795-1
サンシャイン寺西1-101
駐車場6台あり
電話番号078-939-2971
休診日木曜午後
土曜午後
日曜・祝祭日
院長立花 毅

明石,交通事故治療