MENU TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > О脚 【明石市 みやび鍼灸整骨院】

О脚 【明石市 みやび鍼灸整骨院】

2015.09.10 | Category: 未分類

ブログをご覧の皆様、こんばんわ!!

今回は、立ち姿などで気になる方やお子様がなっているかも・・・などの心配事『О脚』について書いていきます!!

 

外反母趾や浮き指のある足、あるいは扁平足(へんぺいそく)だと、

歩くときに足指でちゃんと踏ん張ることができず、足先が外側に向かって流れるねじれ歩行になります。

するとすねの外側の筋肉が極端に発達し、腓骨頭が外側へ出っ張ってしまい、膝下O脚になってしまいます。 

さらに、ねじれ歩行は股関節にまで歪んだ負荷を与え、

大転子(だいてんし:脚のつけ根の外側の骨)を外側へ出っ張らせてしまい、股関節O脚の原因になります。

このように外反母趾や浮き指、扁平足といった足裏周りの歪みは、O脚だけでなく、体のありとあらゆる歪みを引き起こす原因になります。

 

ここで、原因として2つ挙げていきたいと思います。

・反張膝(はんちょうひざ、はんちょうしつ)

反張膝とは180°以上に膝が反り過ぎてしまっている状態のことで、これだと膝のねじれが大きくなり、膝下O脚や股関節O脚の原因になります。

普段から膝を反らせるクセがあったり、足指で踏ん張らず重心がかかとに偏っていると、反張膝になりやすいです。

この反張膝を「見た目が美しいからいいのではないか」と勘違いしてしまう方もいるのですが、

実際は体の歪みの元凶なので、治さなければなりません。

・骨盤の歪み

骨盤が歪むとそれにつれて大腿骨もねじれてしまい、O脚になってしまいます。では、なぜ骨盤は歪むのでしょうか?

骨盤周りはそのときの姿勢に応じて形が変わるようになっています。

例えば腰を反らせたときには骨盤の上の部分が開き、お尻を突き出すようにしたときには骨盤の下にある坐骨間が広がり、

脚を組んで座ったときには骨盤が傾いて座りやすい状態に調整します。

しかし、普段から歪んだ姿勢が習慣になっている方は、そのときの骨盤の形がクセになってしまいます。

その結果骨盤が歪み、骨盤周りや脚の筋肉が偏り、O脚になってしまうのです。

また、大転子のズレも影響するので、外反母趾や浮き指、扁平足などの足裏の歪みも骨盤の歪みの原因になります。

 

私はО脚ではありませんが、娘がもしかしたら・・・の予備群な感じなので、

自分自身は元より、これから成長していく子供たちの歩き方や、家にいるときの姿勢などの十分きを付けていきたいですね!!

当医院にもО脚改善コースがありますので、気になる方や今からでもという方はぜひお問合せくださいね♪

 

明石市 みやび整骨院 受付 渡邊

明石,交通事故治療

明石,交通事故治療

当院へのアクセス情報

みやび整骨院

所在地〒674-0092
兵庫県明石市二見町東二見795-1
サンシャイン寺西1-101
駐車場6台あり
電話番号078-939-2971
休診日木曜午後
土曜午後
日曜・祝祭日
院長立花 毅

明石,交通事故治療