MENU TEL

Blog記事一覧 > ブログ,未分類 > 日焼け止め【明石市 みやび鍼灸整骨院】

日焼け止め【明石市 みやび鍼灸整骨院】

2015.07.29 | Category: ブログ,未分類

日焼け止めに記載されている「SPF」「PA」という数値の意味をご存じですか??

よく分からないけどSPFが高いから効くと思って買っている人も多いのでは??

私もその一人(/_;) なので今回、日焼け止めについて調べてみました☆

 

SPFというのは、『Sun Protection Factor』の略称で、 紫外線防護指数 という意味。

UV-Bという強力な紫外線を遮ってくれ、

紫外線で肌が赤くなるまでの時間をどれくらい引き延ばせるかというのを数値化したものです。

SPF1なら役10~15分引き伸ばせるそうで、市販されているものは

最高値がSPF50となっています。

 

PAというのは、『Protection Grade of UV-A』の略称で UV-A防護指数 と言われています。

肌を黒くしにくくする度合いを示していて、+(プラス)の数が多くなればなるほど効果が高くなります。

 

ですが・・・SPF・PAが高いもの程、肌に与える負担は大きくなってしまいます。

日焼け止めには、「紫外線吸収剤」や「紫外線反射剤」と言われる成分が配合されていて

お肌への負担が大きかったり、白浮きしやすくテクスチャーが悪いなどの難点も・・・

 

自然化粧品のものは、紫外線吸収剤を配合せず、紫外線反射材を配合することで

お肌への負担が少ない日焼け止めを作っているそうです。

 

一番お肌に良いものは、反射剤のみで日焼けから守りつつ、なめらかで薄くよく伸びるもの!

薄く均一に日焼け止めを伸ばすことができるので、お肌への負担も軽くなり、つけ心地も良くなります♡

 

また、潤ったお肌は乾燥したお肌に比べて日に焼けにくいので

スキンケアをしっかりとして、常に潤ったお肌を保つことも大切です(*‘∀‘)

潤った状態はシミもシワもたるみにもなりにくくするので、

日焼け止めだけではなく、毎日のお手入れを怠らずウルウルのお肌を保つように心がけると

老化防止にもなりますね(^_-)-☆

その際、抗酸化力のある成分が入っている製品を使うと効果的!

自然化粧品には、抗酸化力の高い成分がつまっているものがとっても多いので♡

 

ちなみに、抗酸化成分は食べ物でも取り入れることができます(^^)/

トマト、ニンジンなどの色の濃い野菜。ビタミンⅭの多いブロッコリーやレモンなど

日焼けしにくい事にも、老化防止にも効果的です!(^^)!

 

日焼けに脅えず元気に外で遊びたいですねっ(^_-)-☆

 

明石市 みやび整骨院 受付 西尾

 

 

 

明石,交通事故治療

明石,交通事故治療

当院へのアクセス情報

みやび整骨院

所在地〒674-0092
兵庫県明石市二見町東二見795-1
サンシャイン寺西1-101
駐車場6台あり
電話番号078-939-2971
休診日木曜午後
土曜午後
日曜・祝祭日
院長立花 毅

明石,交通事故治療