MENU TEL

Blog記事一覧 > 冷え性,未分類 > 日々の日常で気をつける“冷え対策”【明石市 みやび鍼灸整骨院】

日々の日常で気をつける“冷え対策”【明石市 みやび鍼灸整骨院】

2015.05.06 | Category: 冷え性,未分類

☆夏の習慣チェック!!☆

 □とにかく薄着で過ごす

 □暑いから湯船には入らずシャワーだけで済ます

 □食欲がないので蕎麦やうどんなど、単品で済ますことが多い

 □汗をかかないように運動はしない

 □就寝中もエアコンや扇風機はつけたまま

 □暑さを避けるため、あまり外に出ない

 □冷たい飲食物をとることが多い

 □ついつい水分をとりすぎてしまう

 

皆様、どうですか?? ☑チェックが多いほど要注意!!

そんな方は以下のことを心掛けてみて下さい。

 

①寝るとき冷房は数時間で切れるように

 

②湯船にゆっくりと浸かる

 42℃のお湯なら10分。

 

③食事は必ず温かいものを1つ取り入れ、熱のもとになる食事を

 タンパク質はエネルギーの元になるので、積極的に摂取しましょう。

 夏野菜やフルーツは水分たっぷりで美味しいですが、体を冷やす作用があるので戸とりすぎには注意!

 

④「三陰交を温める」

 冷えに効くツボ「三陰交」は、内側くるぶしの一番高い位置から指4本分の場所にあります。

 ここをマッサージするか、お灸などで温めます。

 

⑤お酒はお湯割りゃぬる燗を飲む

 ついキンキンに冷えたものを飲みたくなりますが、常温か温かいものをこまめに飲むようにし

 内臓から冷えるのを防ぎましょう。

 コーヒーやビール、糖分の多いジュースも冷えの原因になります。

 

⑥定期的にスポーツをして汗をかく

 運動不足は筋肉の働きが低下し体内で生産される熱量が少なくなり、冷え性になるリスクが高まります。

 涼しい時間ウォーキングなどがおすすめ。体の代謝を整え、血液の循環を良くしましょう。

 

⑦首.お腹.足首を冷やさない

 キャミソール、ミニスカート、素足にサンダルとファッションも楽しみたいですが、

 この三ケ所は冷え対策にとても重要な部位です。夏こそしっかり温めましょう。

 

⑧クーラーは除湿を使い、風は間接的に当てる

 湿度が下がれば体感温度はカナリ下がるので、温度より湿度のコントロールを。

 また間接的に風が当たれば、体感温度は下がります。扇風機を併用するのも効果的。

 

みやび整骨院 受付 西尾 映里

明石,交通事故治療

明石,交通事故治療

当院へのアクセス情報

みやび整骨院

所在地〒674-0092
兵庫県明石市二見町東二見795-1
サンシャイン寺西1-101
駐車場6台あり
電話番号078-939-2971
休診日木曜午後
土曜午後
日曜・祝祭日
院長立花 毅

明石,交通事故治療