MENU TEL

高血圧

はじめに

高血圧とは血圧が正常範囲を超えて高く維持されている状態のことを言います。心疾患や脳卒中、腎不全などのリスクになることがある生活習慣病の一つです。

沈黙の殺人者(サイレントキラー)」と呼ばれているのをご存知ですか?
その名の通り、静かにゆっくりと忍び寄り、ある日突然に死に至らしめるという意味です。
血管は本来、弾力性があります。しかし長期間高い圧力が血管にかかると対抗するために血管の壁がだんだん厚くなってきます。すると血管の弾力性が失われ、硬くなり血管の一部が狭くなったりします。これが「動脈硬化」です。動脈硬化に陥るとさらに血液を送ろうと血圧が上がり、心臓にも負担がかかり悪循環になります。

定義と診断

日本高血圧学会では、高血圧の基準を「収縮期血圧が140以上または拡張期血圧が90以上に保たれた状態である」とされています。

しかし運動や精神的な興奮によって一過性に血圧が上がることがありますが、これは生理的な反応であるので概念外となります。

また、血圧は日内変動しています。そのため、仮面高血圧と言って計測する時間帯によって正常値の基準を満たしているものや、白衣高血圧と言って普段は正常血圧ですが、診察室で医師が測定すると血圧が上がってしまい高血圧と診断されてしまうケースもあります。

そこで有用なのが家庭での血圧測定です。家庭血圧値は医療施設での血圧値よりも優れた生命予後の予知因子とされています。家庭での測定は朝では、起床後1時間以内、排尿後、座って1~2分の安静後、降圧薬服用前、朝食前、夜では、就寝前、座って1~2分の安静後に測ることが推奨されています。家庭血圧の正常値は収縮期血圧が125、拡張期血圧が80未満とされています。同様に収縮期血圧が135以上、拡張期血圧が85以上を高血圧としています。しかしこれはあくまで基準値であり必ずしも高血圧とは限りません。年齢を重ねると血管の弾力性の低下などから必ず血圧は上昇傾向にあります。身体にとっては「これぐらいの血圧が必要ですよ」と教えてくれています。しかしこの時に薬により強制的に血圧を下げてしまったらどうでしょうか?身体はこれぐらいの血圧を欲しているのにそれに満たない。もちろん逆に低血圧で危険です。降圧剤の乱用は避けるべきと考えます。

原因

高血圧は原因が明らかでない本態性高血圧と明らかな原因疾患があって起こる二次性高血圧に分けられます。
本態性高血圧は両親から受け継いだ遺伝的素因が、生まれてから高齢化に至るまでの食生活、ストレスなどの環境因子によって修飾されて高血圧が発生すると言われています。
中でも日本人の高血圧発生には食塩過剰摂取が密接に関係していると言われています。日本人の食塩摂取量は1日平均12gで、欧米に比べると多いです。特に日本人は漬物や梅干し、魚の塩焼きなど食塩を摂取する機会が多いために特に注意が必要とされます。
二次性高血圧は原因を取り除くことで完治する確率が高いとされています。原因としては、

  • 大動脈狭窄(先天性疾患)
  • 大動脈炎症候群(膠原病の1つ)
  • 腎血管性、実質性高血圧
  • 原発性アルドステロン症
  • AME症候群(常染色体劣性遺伝疾患)
  • クッシング症候群
  • 甲状腺機能亢進、低下症
  • 妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)
  • 高カルシウム症

などが挙げられます。

合併症・症状

高血圧によって生じる動脈硬化の結果、

  • 脳血管障害(脳出血、脳梗塞)
  • 心疾患(虚血性心疾患、心不全)
  • 腎疾患(腎不全)
  • 血管疾患(動脈瘤、閉塞性動脈硬化症、眼障害)

などが起こるリスクが高くなります。
しかし高血圧には特有な症状はありません。つまり自覚症状が出てきたということはこれらの合併症からの症状である可能性が高く深刻な状態なのです。

施術

病院での高血圧治療は現在、降圧薬によって一時的に血圧を下げているだけにすぎません。

つまり高血圧の状態そのものを治しているわけではないのです。

もちろん薬ですので何らかの副作用がありますが、すぐに出るような副作用では無い事が多く、長期服用する事にあたって徐々に体への副作用が出てきます。加古川市や播磨町、明石市の東二見駅から近いみやび整骨院では薬を使わない自然治癒力を生かした東洋医学による専門コースをご用意しております。

高血圧は自律神経系(交感神経)の亢進による血管収縮が大きく関係しているとされますので、温熱ドームによる温熱治療をメインに行います。温熱を加えることにより自律神経系(副交感神経)が優位に働き、血管を拡張させ高血圧の改善を図ることができます。

また自宅での足浴をお勧めしております。温熱ドームは明石市の整骨院を見ましても非常に数少ない価値のある治療器ですので一度お試し頂けると実感して頂けると思います。実際に加古川市や播磨町、明石市の東二見駅から近いみやび整骨院で温熱ドームに入られた方の中に温熱ドームに入る前と入った後とで明らかに血圧が下降しておられた方がいました。直後でこのような変化がみられていますので継続すれば自覚的にも変化を実感頂けると思います。血圧が高くてお悩みの方、体質を改善されたい方、薬を使わない治療をしていきたい方、あきらめずに一度ご相談ください。

明石,交通事故治療

明石,交通事故治療

当院へのアクセス情報

みやび整骨院

所在地〒674-0092
兵庫県明石市二見町東二見795-1
サンシャイン寺西1-101
駐車場6台あり
電話番号078-939-2971
休診日木曜午後
土曜午後
日曜・祝祭日
院長立花 毅

明石,交通事故治療