MENU TEL

なぜ同じところのケガを繰り返すのか?

2017.03.12 | Category: スポーツ障害

みなさんおはようございます!

 

ランニング障害に対するサポート・ケアを得意とするみやび整骨院、院長の立花です!

 

いつもお読みいただき本当にありがとうございますm(__)m

 

今日は良くある相談の中から「なぜ同じところのケガを繰り返すのか」についてお話したいと思います。

 

 

結論から言います!!

 

同じところのケガを繰り返す原因はズバリ

 

・コンディショニング不足

・動きに問題がある

・アライメント異常

 

このどれかにあると私は思います。

 

コンディショニング不足から簡単に説明しますと、

ここでも二つに分かれます。

 

・どこかしらをケガした時に適切な処置を最後までしなかったことによるもの

・体を使う比率がケアよりも上回る、いわゆる負荷の蓄積

 

こうしたものがあるとコンディショニング不足となりケガのリスクが上がります。

 

特に肉離れや捻挫後は適切なリハビリをしないと本来のパフォーマンスは出来なくなると考えても過言ではありません。

 

なぜなら、筋肉や靭帯は大きなケガをすると周囲よりもやや硬い組織(瘢痕組織)で修復されると言われています。

 

本来は柔らかい筋肉や靭帯の一部分にその硬い組織が出来上がってしまうと負荷が集約し、ケガの繰り返しにつながるのです。

 

一般的には「癖になる」と言われていますが、これは適切な処置を怠った結果なのです。

 

少しでもそういったリスクを減らすためにも日頃のコンディショニングは必須といえますね(^^)

 

また、日頃の身体への負荷が過剰に蓄積してしまっていると筋肉は硬くなり、ケガの元です。

 

これはスポーツ以外の部分でもいえることであり、ぎっくり腰などを繰り返している人(年に何回かのペースでぎっくり腰になるなど)は全身の負荷が蓄積している可能性があります。

 

なんでも使いっぱなしはダメですよ!

 

 

次に動きに異常があるについて簡単に説明します。

 

コンディショニングはしっかり出来ているはずなのにそれでも繰り返すってことはよくありますね?

 

コンディショニングの方法に問題があることもありますが、こういう時に動きを評価する事でヒントが見つかることもあります。

 

ランニングを例に説明すると

 

いわゆる腰が落ちた状態で走っていると、大腿四頭筋(太ももの前に筋肉)や下腿三頭筋(ふくらはぎの筋肉)に大きな負担がかかり、膝蓋靭帯炎やオスグッド病、アキレス腱炎が起こりやすくなります。

これらの病態がなかなか改善しない、良くなっては悪くなるを繰り返している人はフォームを一度チェックしてみるのも方法です。

 

 

最後にアライメントの異常についてですが、

 

まずアライメントとは骨の配列のことを指し、O脚やX脚、偏平足や凹足などが挙げられます。

 

アライメント異常があると効率の良い力の分散が出来なくなり、負荷が特定部位に集約してしまいます。

 

よってケガを繰り返すのです。

 

しかしこれは適切なコンディショニングや筋力でカバー出来ることも多いので、出来ることをきっちりやることがポイントです。

 

 

 

ここまでけがを繰り返す3つの原因をお話ししましたが、いかがでしたか?

 

該当する方、心当たりのある方はやはり早期に対処することをお勧めします!

 

なぜなら

 

ケガをしてからでは遅いですからね(>_<)

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

みやび整骨院 院長 立花

 

 

 

受験2週間前にひどい肉離れ・・・間に合った!!

2017.03.03 | Category: 肉離れ

皆さんこんにちは!

 

陸上競技が大好き!みやび整骨院の院長立花です(^^)/

 

今日は「肉離れ」をしてしまった学生さんの症例を報告したいと思います。

 

 

2月のとある日。

 

お世話になっている、高校の先生から一本の電話。

 

内容は「3年生の女子生徒が膝裏辺りをバレーの練習中に傷めたから診てくれないか?」という事でした。

 

お昼の休診中でしたが、緊急を要していたのですぐに診察の準備!

 

いろんなことを想定して、ギプスや包帯、松葉杖などをすぐ出せるように配置。

 

 

そして数10分後、先生に付き添われて来院しました。

 

見た瞬間に左脚を引きずっていたので軽いけがではないだろうなという印象を受けました。

 

 

診察を始めるとまず左の膝が完全に伸ばしきれない状況でした。

 

怪我の発生状況は、

「マット運動の側転などで患部に違和感を感じ始め、バレーの練習でジャンプをして着地した時に急に強烈な痛みが走った」

という事でした。

 

うつ伏せになってもらって痛みのある所を確認すると・・・

 

上の図の✖印の部分に強い圧痛(少し押すだけで激痛)があり、周囲には内出血がみられていました。

 

その瞬間肉離れだろうと確信しました。

 

患部をエコーで観察してみると・・・

 

赤丸部分に明らかな異常が描出されました。

 

健側と比べると明らかに違いますね(>_<)

患部は腫れ上がり、筋線維は断裂し、炎症も強く起こってしまっているのが一目でわかりました。

 

すぐにアイシングを開始し、話を聞いていると

 

なんと!2週間後に大学の受験があるとの事(^^;

 

しかも体育系の大学で実技試験しかないとの事・・・

 

怪我の状況はおそらく肉離れの中でも中等度ぐらいの損傷状況であるだろうと判断していたので、2週間での復帰は絶望的かもしれないと正直その時は思いました。

 

しかし、彼女のためにもやれるだけの事を精一杯やるしかありません!

 

 

処置としては患部とその周囲にハイボルトを照射。痛みの緩和と治癒促進を促しました。

 

直後、少し痛みは低下し歩くのも少し楽になったようでした。

 

そして患部には圧迫のための専用のバンテージを用いて固定しました。

 

 

その日からは毎日頑張って通院してもらい、1週間後。

 

やや痛みは残るものの、軽いジョギングが出来るようにまで回復!!

 

積極的にストレッチや手技なども加えていき、試験の前々日にはほとんど患部の痛みが感じられないほどにまで回復!!!

 

健側と比べるとやはり違和感は感じられるようでしたが、なんとか試験を受けられるぐらいには回復しましたm(__)m

 

お守りにテーピングとその巻き方のプリントを渡し、受験日を迎えました。

 

 

そして

 

受験日の翌々日、彼女から電話があり

「痛み全く無く試験を受けられました!」

との事でした!!!

 

本当に良かった!

 

 

受験前の大きな怪我で一番不安だったのは紛れもなく彼女です。

 

しかし諦めず、私を信用してやや遠方ながらも日程を調節して頑張って通院してくれました。

 

合否の結果が気になるところですが、なにより受験を受けられた事が本当に良かったです!

 

現在は後遺症が残らないようにアプローチ中です(^^)

 

 

 

笑顔の素敵なHさん(*^^*)

 

夢に向かって突き進んでほしいですね!

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

みやび整骨院 院長 立花毅

 

 

痛いところに原因が無い!?

2017.02.24 | Category: ブログ

みなさんこんにちは!

 

ランナーケア・サポートが得意なみやび整骨院、院長の立花です(^^)/

 

 

今日のブログのタイトルを見て

 

 

「どういう事!?」って思われた方、今どこかしらに痛みを感じていらっしゃる方は是非読み進めてみて下さい(*^^*)

 

 

 

 

今どこかしらに痛みを感じていらっしゃる方、その痛みをどのように対処していますか?

 

 

ご自身で何かしようと思った時、痛みのある所に対してストレッチをしたり揉んだりしていると思います。

 

 

病院や整体院、マッサージ屋さんに行かれたりしている方も、その時どこをアプローチしてもらいますか?

 

 

たぶんほとんどが「痛いところ」だと思います。

 

 

病院では痛いところのレントゲンを撮り、異常がなければ痛み止めや湿布を処方されて終わり。

もしくは痛いところを温めたり電気をするだけ。

 

 

そうではないですか?

 

 

整体院やマッサージ屋さんでもほとんどが痛い所だけを集中的にマッサージをしていると思います。

 

 

 

確かにその時は気持ちよくて少し症状が改善するかもしれませんが、すぐに元の状態に戻るなんてことはよくあります。

 

 

なぜか。

 

 

それは痛みのある所の本当の原因となっているところをアプローチしていないからです。

 

 

先日こんなことがありました。

 

 

左足のすねの内側の痛みが強く、歩くのも左脚を引きずっていた剣道部所属の女子中学生が来院しました。

 

 

診察を進めると、病態は所見やエコー検査から「シンスプリント」であるだろうと判断しました。

 

 

日頃の部活動に加え、体育での長距離走が引き金になってしまったのでしょう。

 

 

病院であればたぶん安静を指示されて湿布を処方されて終わりと思います。

 

 

私は絶対痛みを緩和することの出来る場所が必ずある!と思っていましたので、全身を評価しました。

 

 

すると全身、特に下半身の筋肉がとても緊張していました。

 

 

その中でも最も反応のあったお尻の筋肉を緩める施術を行いました。

 

 

大体5分ぐらいでしょうか。

 

 

その後、あれだけ痛くて脚を引きずっていたのがウソのようにスタスタと歩きました!

 

 

痛みは?と聞くと、

 

 

「ほとんど痛くない!!」

 

 

という返事が返ってきました。

 

 

ウソのようですが、これが真実です。

 

 

まさに木を見て森を見ずでした。

 

 

おそらく今回のような本当の原因が明確にされていないがために辛い痛みに長期間悩まされている方はたくさんいらっしゃると思います。

 

 

痛みというのは我慢すればするほど体に定着し、改善に時間がかかるようになってしまいます。

 

 

そうなる前に痛みを一日でも早く取り除きましょう!

 

 

私はそのサポートを全力でさせていただきます(*^^*)

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

みやび整骨院 院長 立花毅

 

尻もちにご注意を!~尾骨骨折~

2017.02.17 | Category: 骨折

皆さんこんにちは!

紅茶よりコーヒーが好きなみやび整骨院、院長の立花です(^^)/

 

 

今日もケガのお話です!

しかも今回は骨折・・・。

 

尾骨骨折(いわゆる尾てい骨)の方の症例です。

 

 

 

北海道旅行中、雪道を歩いていた時に足を滑らせて転倒し、尻もちをついてしまったTさん。

 

その後も痛みが続くので、相談を受けました。

 

 

歩いたり座ったりするのが痛くて、腰を屈めたりする際にも痛みが起こっていました。

 

痛みは明らかに尾骨上に限局してみられていました。

 

大きな腫れや熱感、内出血などはみられていませんでしたが、この時点で尾骨傷めてるだろうなという予測が出来ました。

 

そしてエコーを撮ってみると・・・

 

 

尾骨長・短軸

(↑左側は縦に割った図、右側は断面図)

パッと見て普通でないと判断できました。

 

Tさんの希望もあって近くの整形外科を受診することに。

 

紹介状をすぐに作成してお渡ししました。

 

帰宅後にすぐに受診して頂け、診断の結果は・・・

 

 

やはり「尾骨骨折」でした。

 

 

翌日からはオステオトロンという低出力の超音波治療器を当てています。

 

このオステオトロン。

 

1日20分の照射で骨折に限っては40%も骨癒合率が上がると言われています!

 

骨折時は当てない他はありません!

 

現在も継続して当てています。

 

痛みは少しずつ低下しているようですが、まだやっぱり座ったり仰向けになった時などは患部が当たって痛いようですね・・・。

 

 

みなさんも尻もちには気をつけましょう!

 

特にウィンタースポーツを好んでいたり、北へ旅行に行かれる方はTさんのように雪や氷で滑って転倒しないようにしてください。

 

転倒した際に手首や腰椎を骨折する事もあります。

 

万が一ケガをしてしまい、普通じゃないなと思ったらすぐに相談して下さい!

 

 

みやび整骨院 院長  立花毅

 

肉離れが1週間で!?

2017.02.10 | Category: 肉離れ

皆さんこんばんわ☆彡

ラーメンが大好きなみやび整骨院、院長の立花です(^^)/

 

今日は整骨院の本職であるケガの治療のお話です。

 

 

先日、私の母校である県立社高校陸上競技部の顧問の先生から連絡が入りました。

 

「生徒(M君)が肉離れを起こしたようだから、診てくれないか?」

 

ということでした。

 

そのM君は400m専攻の選手で、県内でもトップクラスの実力を誇っています。

 

私はその連絡を受けてからすぐに最悪の状態を想定して準備をしました。

 

松葉杖、弾性包帯、バンテージ、テーピング・・・などなど

 

 

 

その日の午後、片道1時間以上かけて顧問の先生とご一緒に来院しました。(遠いところ本当にありがとうございました)

 

 

そしてM君を見た瞬間ホッとしました。

 

1人で歩いていたからです!!

 

 

すぐに問診票に必要事項を記入してもらって、診察室での診察を始めました。

 

痛めていたのは左太もも裏(いわゆるハムストリングス)。

 

受傷機転は、走っていた際に急に患部に痛みを感じたとの事でした。

 

圧痛(押しての痛み)がハムストリングスのほぼ起始部(付け根)にみられ、硬結(局所の硬さ)も触知できました。

 

その他、ストレッチ痛、レジスタンス痛(筋負荷痛)、荷重痛、歩行痛がありましたがいずれも軽度。

 

熱感や腫れ、皮下出血と言った強い炎症反応は幸い出ていませんでした!

 

エコー検査でも左右差は描出できましたが、ひどい状態でないことが分かりました。

 

左右ハムストリングス長軸(左患側) 左右ハムストリングス短軸(左患側)

赤丸部分に少し黒い部分が強く出ていますが、ほぼ同じですね(*^^*)

 

怪我をしてしまったことは災難でしたが、不幸中の幸いでした!

 

 

病態をM君、顧問の先生に詳しく説明をして施術へ。

 

患部への直接アプローチとしてハイボルト。

 

筋肉のタイトネスがみられていたため、患部の痛みの除去と患部への負担を軽減する意味合いで筋膜整体。

 

この2つを施行いたしました。

 

 

直後。

 

 

腰をかがめるとハムストリングスが伸長されて痛いと言っていたのが痛くない!

 

屈んだ際の床から指先までの距離(FFD)も約30cmから10cm以下にまで低下していました!!

 

正直言って新鮮なケガでここまでの変化が出るとは思っていなかったので、M君自身もですが私もビックリしました。

 

バンテージを患部に巻きこの日の施術は終了。

 

 

そしてその翌々日に来院した時には痛みはなんと当初の半分に!

 

組織の修復力の速さに驚かされました。

 

さらにその5日後。

 

なんと痛みが消失!!

 

圧痛もストレッチ痛もレジスタンス痛もどれもなし。

 

軽度とはいえ痛みの消失にはもう少しかかるだろうと思っていただけに驚きました。

 

あきらめていたスキー実習に参加できそうで、とても喜んでいましたね(*^^*)

 

もちろん無理は禁物ですが・・・(笑)

 

 

今回の事例のように軽度であったとはいえ、早期にしっかりと処置を行えばごく短期間で痛みが消失することが証明されました!

 

しかしアスリートの中には軽度と分かれば無理をする選手がいます。

 

これは痛みを慢性化するだけでなく、大きなケガを起こす原因となります。

 

自己判断で対処するのではなく、痛みを訴えたらすぐに顧問(コーチ)や医療機関に相談する。

 

これはアスリート自身が徹底してほしいですね!

 

みやび整骨院であれば、初診から最適なアプローチを提案させていただきます。

 

説明も納得するまでさせていただきます。

 

繰り返すケガには一緒に原因を追究します。

 

皆様に安心して通院していただけるよう今後も精進して参ります(^^)/

 

ケガ(急なケガから繰り返すケガまで)のことはお任せください!!

 

 

みやび整骨院 院長  立花毅

期間限定!バレンタインイベント♡

2017.02.05 | Category: ブログ

こんにちは!みやび整骨院、院長の立花です!

 

少しの間、投稿できていませんでした。

 

いつも読んでくださっている方々、申し訳ありませんでしたm(__)m

 

 

久々の投稿である今日は、イベント情報です!!

 

2月は日数こそは少ないですが、大きなイベントが2つ。

 

1つは節分。

 

皆さん、恵方巻は食べられましたか?

 

豆まきはされましたか?

 

私は、恵方巻を2本がっつり美味しくいただきました(*^^*)

 

最近はいろんな恵方巻があっておいしいですね!!

 

 

そして!2つ目のイベントは・・・

 

 

「バレンタイン」です!!!

 

チョコをもらえるかどうかドキドキしてしまいますね(≧▽≦)

 

特に男性は少し期待しちゃいますよね(笑)

 

 

そんなバレンタインにちなんで、みやび整骨院で期間限定のイベントを企画いたしました!

 

その名も

「バレンタインペアイベント」

 

2/13(月)~2/18(土)の6日間限定でなんと!

 

その期間にご紹介いただいた方がご来院くださると通常500円の紹介割引が!!

 

1000円になります!!!

 

しかも!

紹介割引は紹介いただいた方も適応ですのでとってもお得です( *´艸`)

 

IMG_3794

 

・どこかに治療に行こうと思っているけどどこに行ったら良いかわからない

・今治療に行ってるけど、思うように治っていない

・今の身体の痛み、不調をどうにかしたい

 

と思っている方が近くにいらっしゃいましたら是非ご一緒にご来院ください!

 

 

みやび整骨院は痛みを取り除いていくための確かな技術があります。

 

さらに、1日でも早く痛みから解放されるように最大限のサポートを患者さんお一人お一人に合わせて行っています。

 

他院との違いを実感しに来てください!

 

もう一度言います。

 

6日間限定です!

 

たくさんの方々にお会いできることを楽しみにしております(^^)/

 

 

みやび整骨院 院長 立花毅

腰痛予防のために!!

2017.01.23 | Category: 腰の痛み,腰痛

地元が大好きのみやび整骨院、院長の立花です!

 

今日もオフィシャルブログをご覧いただきありがとうございます(^^)/

 

 

今日は先日来院された方のお話です。

 

 

この方は、当初ぎっくり腰で来院されました。

 

その時はまっすぐ立てない程の痛みでしたが、一か月の継続治療でぎっくり腰になる前以上に状態が良くなりました。

 

この状態をキープしましょう!ということで一か月に一回の定期施術を約束し、その日が先日だったわけです。

 

一ヶ月空いていたにもかかわらず、腰の経過は順調で痛みは感じていない状態でした!(素晴らしいですね!)

 

しかし最近は腰より肩が・・・という感じでした。

 

首を動かしてもらうと・・・

 

 

全然動いてない・・・。

 

 

このまま放置していたら、また腰に来ちゃいますよという事で、

 

首、肩周囲のアプローチをメインに最後に骨盤矯正を加えて施術終了しました。

 

IMG_0968 IMG_0970 IMG_0969

(いずれも、右側が施術後です!)

 

はい!

 

首の動きはずいぶん改善しました!

 

施術時間は10分程でしょうか。

 

 

首と腰はかなり密接な関係があり、腰痛の根本原因が首や肩にある人はたくさんいらっしゃいます。

 

しかし、普通なら腰が痛いと言ったら腰しかアプローチしないのがほとんどですよね?

 

だから痛みがとれるのに時間がかかったり、すぐに元に戻ってしまったりするんです。

 

 

みやび整骨院ではそういった「腰痛難民」を一人でも多く救いたいという思いで、根本治癒を目指した施術を行っています。

 

この方はもう二度とあのような痛みはごめんだ!という事で改心されました。

 

IMG_3756編集

妊娠中という事もあり無理の出来ない身体ではありますが、月1の身体のメンテ、ご出産後は骨盤矯正を行っていく予定です(^^)/

 

この方のようにたくさんの方のお身体のサポートをしていきたいと思います!!

 

 

みやび整骨院 院長  立花毅

スポーツの基本は走ること!

2017.01.17 | Category: スポーツ障害

皆さんこんにちは!

寒いのはとても苦手だけども治療中は熱い院長、立花です(^^)/

 

今日はスポーツをする上でもっとも大切な部分をお話します。

 

皆さんは今現在どんなスポーツをされていますか?

または過去にどんなスポーツをされていましたか?

 

私は学生時代に陸上競技部に所属していました。

 

その縁もあり、今現在もマラソン愛好家として「走る」ことに関わっています。

 

 

皆さんにとって「走る」事はどういう事ですか?

 

 

体力維持、持久力向上、瞬発力の向上など色々あると思いますが、

少し思い返してみて下さい。

 

自分のやっている競技(やっていた競技)で能力が高い選手って足が速かったりしませんか?

 

私は陸上競技の短距離をやっていたので「足の速さ=能力」に結果的になりますが、

例えば野球ではどうでしょうか?

守備、バッティング共に能力の高い選手で足が著しく遅い選手はほとんどいないでしょう。

サッカーなんかでも同様だと思います。

 

という事は、パフォーマンスを上げるためには速く走るための能力が必要不可欠であるという事になります。

 

しかし速く走るというのは簡単な事ではありません。

 

まず走るという動作をある程度理解しなくてはいけません。

 

少し掘り下げて考えると、走るという事は「歩く」の延長です。

 

「歩く」は直立姿勢からの重心移動で実現します。

 

では直立姿勢が猫背になっているとどうでしょうか?

 

猫背のまま歩き、猫背のまま走るということに繋がってしまいます。

 

ですから、走るのが遅い=ランニングフォーム(ピッチやストライド、腕振りなど)が悪いと一概に言えるわけでないのです。

 

「走る」というシンプルな事ですが、シンプルだからこそ大事です!

 

シンプルなことが出来なくて複雑なことが出来るはずがありません。

 

速く走る為にはどうしたらよいかという事を考えることが大切なのです(^^)

 

少し参考にしてみて下さいね!

 

****************************************************************************************************

ランナーケア・サポートちらし図

****************************************************************************************************

 

走ることに関して疑問に思う事などがあればいつでもお気軽にご相談ください(*^^*)

 

みやび整骨院 院長  立花毅

冬季も来シーズンも頑張るぞ!

2017.01.14 | Category: スポーツ障害

皆さんこんにちは!ランナーサポートを得意とするみやび整骨院院長の立花です(^^)/

 

いつもオフィシャルブログをご覧いただきありがとうございます!!

 

今日ご紹介するのは、脚の筋肉を傷めたアスリートです。

 

現在有名進学校に通い、陸上競技部に所属している文武両道の女の子です。

 

練習中に左太ももの後ろ側に痛みを感じました。

 

他の施術所で鍼治療を受けたりしていたそうなのですが、痛みがなかなか緩解しないという悩みで顧問の先生のご紹介もあり、来院しました。

 

来院時の所見としては

 

圧痛(押さえた痛み)が左大腿二頭筋(いわゆる外側のハムストリングス)に+

動作痛が腰を屈めた時

ストレッチ痛+

レジスタンス(筋肉負荷)痛+

走行時痛+(歩行痛-)

であり、

エコー観察をすると

左右大腿二頭筋短軸(左患側)編集

(左側が患側です)

筋肉がやや肥厚(腫れている)している像が描出されました。

 

ここまでの検査で、おそらく完全な肉離れとまではいかない筋損傷という事が判断できました。

 

そして施術として、まず患部の筋肉と関係のある筋肉の評価(硬さ、痛みの変化)をしてその後、徹底的に緩めました。

 

すると直後

 

IMG_0918

 

痛かった腰を屈める動作が楽になり、指も床に着くようになっていました。

 

その後鎮痛効果のある特殊な電気(ハイボルテージ)を当てて、痛みは8割減!

 

継続する痛みで不安だった様子から、治るという希望が持てた表情に変わっていました。

 

遠方から(片道1時間半(^^;)の来院でしたがその後も頑張って通院し、1ヶ月という短期間で痛みが全く感じなく練習出来るまでに回復しました!

 

 

今回のように組織が傷んでいる状態でも、そことつながりのある筋肉に的確にアプローチする事で痛みが軽減し且つ治癒力を高めることが可能です。

 

もちろん重症な例では今回のような短期間での治癒は難しいとは思いますが、復帰までの期間を早めることは十分可能です!

 

スポーツにけがは付き物ですが、ひどくなってからではそれだけ治療期間が長くなってしまいます。

 

治療期間が長くなるという事は、それだけ前線から退く期間が長くなるという事です。

 

我慢も必要になります。

 

けがなく楽しくスポーツをする為にも違和感を感じたらすぐに受診する事をおススメします!!

 

IMG_3726

礼儀正しく、はきはきとした姿が印象的なDさんでした(*^^*)

 

みやび整骨院 院長 立花毅

みやび整骨院はランナーの方のサポートを得意とします!

2017.01.10 | Category: スポーツ障害,未分類

皆さんこんにちは!みやび整骨院、院長の立花です(^^)/

 

いつもオフィシャルブログをご覧いただきありがとうございます!!

 

本格的なマラソン、駅伝シーズンになりました!

 

テレビでもマラソンや駅伝をよく見かけます。

 

近隣地区でもマラソンイベントが開催されています。

 

私も昨年ハーフマラソンに出場いたしました!

img_3514

 

そこで感じたのが、マラソン愛好家の方が非常に多くなっているという事でした。

 

数千人の定員があっという間に満員になり、都市マラソンに関しては数万の定員に対して倍率が数倍になっていることもしばしば。

 

これは本当にすごい事です!

 

まさにマラソンブームですね(^^♪

 

 

しかし、同時にランナー特有のケガも増えているという事になります。

 

マラソンなどの「走る」という事に対して、正しい知識を習得してトレーニングに励み出場したり、トレーナーの方の指導の下にトレーニングをしているのならまだしも、全く知識がなく、「とにかく走っておこう」というのでトレーニングをしている方もいらっしゃると思います。

 

いや、むしろそういった方が多いのではないでしょうか?

 

案の定、そういった方々にランニング障害が多発しているように思います。

 

「とにかく走る」がオーバートレーニングになっていたりします。

 

せっかく良いことをしていても痛みに耐えながらやっていても楽しくありませんし、結局は身体を壊しているだけです。

 

凄くもったいないです!!

 

 

みやび整骨院ではそういった方々のお役に立てるように精一杯のサポートをさせていただいております。

 

治療はもちろんですが、その方にとって理想的なランニングフォームや体の基本的な使い方を指導したりもしています。

 

これが無いとケガを繰り返すだけです。

 

 

マラソンを走り終えた後の感動は私も知っています。

 

その感動をもっともっと味わえるようなサポートを真心こめてさせていただきます。

 

・痛みをこらえてトレーニングされている方

・成績に伸び悩んでいる方

・もっと楽しんで走りたい方

などなど

 

是非一度みやび整骨院にご相談ください(*^^*)

 

 

みやび整骨院  院長 立花毅

 

明石,交通事故治療

明石,交通事故治療

当院へのアクセス情報

みやび整骨院

所在地〒674-0092
兵庫県明石市二見町東二見795-1
サンシャイン寺西1-101
駐車場6台あり
電話番号078-939-2971
休診日木曜午後
土曜午後
日曜・祝祭日
院長立花 毅

明石,交通事故治療