MENU TEL

便秘

はじめに

便秘とは便の排泄が困難になっている消化器の状態のことです。日本内科学会の定義では「3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態」とされています。一般には

  • 排便のない期間の長さ(排便が3日以上ない、週に3回以下しかない等)
  • 排便の困難さ
  • 残便感
  • 口腔からの便臭

などで認識されますが排便間隔は体質、環境によって変わることが多く一意に決めることはできません。ちなみに下痢や軟便の状態でも便秘になることはあります。

便秘の外部的要因(一例)

  • 食物や食物繊維の摂取が不十分なために適切な咀嚼が行われなかったため
  • 薬の副作用
  • ホルモンバランスによるもの(特に女性)
  • お茶やコーヒー、ワインなどを通したタンニンの大量もしくは過剰の常習的摂取(タンニンは便を硬くする作用があります)
  • 精神的ストレスが消化不良、排泄へ影響する場合がある

他にも加齢に伴い便秘になりやすい傾向があったり、S状結腸の過長等により腸内に便の通りが著しく悪い場所があったりする場合は便秘になりやすくなります。
多くの場合は、短期間しか続かないが、重度の場合は排泄することができずに中毒死する場合もあります。

便秘の種類と症状

便秘には、問題のある便秘と問題のない便秘があります。そしてその原因から「続発性便秘」と「特発性便秘」の2種類に分けられます。

特発性便秘

薬剤の副作用や大腸がん、直腸がん、痔などの疾患が原因とされ「器質性便秘」とも呼ばれます。がんや腫瘍などの場合は血便がある場合が多く、痔の場合は便通時に痛みを感じる場合があります。しかし原因のはっきりした便秘であり、病態に応じた治療が可能です。

特発性便秘

大腸蠕動運動や直腸機能の異常が原因です。「機能性便秘」、「慢性便秘」とも呼ばれ、食事性便秘直腸性便秘痙攣性便秘弛緩性便秘と分類されます。その中でも「弛緩性便秘」と「痙攣性便秘」は「常習性便秘」と呼ばれることがあり、原因がはっきりしていません。

食事性便秘とは、食物繊維の少ない偏った食事や食べる量が極端に少ないと、腸壁に刺激が起こりにくくなり便秘になる場合があります。

直腸性便秘とは、排便リズムが乱れたり、下剤や浣腸の乱用により、直腸内圧に対する感受性が低くなり直腸反射が減弱し、直腸内に便がたまっても便意を生じなくなります。結果、便の滞留時間が長くなり、水分が吸収され硬便になってしまいます。

痙攣性便秘とは精神的ストレスなどが原因で自律神経がバランスを崩し大腸が過度に収縮するために、腸管内膜が狭くなり便の輸送に時間がかかり下行結腸に便がたまってきます。便秘と下痢を繰り返したり、小さくて丸い硬い便が出るのが特徴です。

弛緩性便秘とは、大腸のはたらきが低下したり、運動不足などによる腹筋力の低下などから、腸管への機械的刺激が不足し、便を先に送り出せなくなり便が横行結腸に停滞した状態です。結果、大腸に貯留し水分が吸収されてしまい、硬い便が出ます。高齢者や内臓が下垂ぎみの人に多くみられます。

また、これらの原因とは別に便秘は高齢者に多く、女性に特に多いというエビデンス(科学的根拠)もあり、

  • 男性に比べて括約筋、腹筋が弱い。
  • 男性に比べて気恥ずかしさなどの理由で排便を躊躇したりする傾向があり、排便リズムや排便反射が鈍くなってしまう。
  • ダイエットにより腸の蠕動運動の低下。
  • 女性ホルモン(黄体ホルモンやプロジェステロン)の働きにより水分を蓄積しようとし、更に括約筋収縮作用があり、より排便を困難にする。
  • 骨盤が広いために腸が下垂しやすく、便がたまり、硬くなりやすい。
  • 便秘薬の濫用(便秘薬の購入者は女性に圧倒的に多い)により自律的な蠕動運動が起こりにくくなり、薬に頼らないと排便できなくなってしまう。

施術

加古川市や播磨町、明石市の東二見駅から近いみやび整骨院では便秘に対する専門治療をご用意しております。中でも温熱ドームという温熱治療器を使った治療を行います。温熱を加えることで消化器の機能を改善し原因となる体質そのものから治療していきます。実際に便秘で温熱ドームに入っていただいた方の中に温熱ドームに入っている最中に「グルグル」とお腹が動いていたことを実感された方がいらっしゃいました。この方は体温が基本的に35度台で時には34度台の日もある非常に低体温な方でした。病院で診察を受けるも薬での治療のみ。長期的な服用は避けたいとのことで温熱ドームに入っていただきました。最初のうちは体温が極端に低い為熱に負け、しんどさだけが残っていましたがご自身の強い意志で温熱ドームに継続的に入られ、少しずつ毎日便が出るようになってきたといわれていました。最終的に10回入られましたが、その頃には熱に負けるようなことはなくむしろスッキリしたと言っておられました。薬を使えば確かにその時は便は出るかもしれませんが長期的に見れば自分で自分の体を蝕んでいっているようなものに過ぎません。薬を使ってもその場しのぎであり根本治療にはなりません。

また、薬には必ず副作用があります。薬を使わず自身の本来持っている自然治癒力を生かし、根本治療(体質改善)をしてみませんか?もちろん家庭でもできる予防法や適切な食事等も指導させていただきますのでご安心ください。

明石,交通事故治療

明石,交通事故治療

当院へのアクセス情報

みやび整骨院

所在地〒674-0092
兵庫県明石市二見町東二見795-1
サンシャイン寺西1-101
駐車場6台あり
電話番号078-939-2971
休診日木曜午後
土曜午後
日曜・祝祭日
院長立花 毅

明石,交通事故治療